【夫が大臣辞任】河井あんりの評判は?地元・広島ではガッカリの声も

河井あんり氏の評判

週刊文春が河井あんり氏の公職選挙法違反疑惑を報じています。

これを受けて、夫である河井克行氏は法務大臣を辞任しました。

広島での選挙では同じ自民党候補と票を分けての当選だっただけに、河井あんり氏の評判はどんなものなのか気になるところです。


河井あんりに公職選挙法違反の疑い?

河井あんり氏の評判
河井あんりのプロフィール
  • 名前:河井案里(かわいあんり)
  • 生年月日:1973年9月23日
  • 出身:宮崎県延岡市
  • 大学:慶應義塾大学大学院

広島県議会議員に4回当選し、2019年7月に参議院議員になっています。

参議院選挙では、自民党の擁立候補を巡ってひと悶着あったことが記憶に新しいです。

河井あんり氏の評判

2019年10月に週刊文春から「公職選挙法違反の疑惑!」とスクープされ、一躍話題になっています。

選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。だが、「週刊文春」がウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。

公選法に詳しい上脇博之・神戸学院大法学部教授はこう解説する。

これは公選法が禁じる典型的な運動員買収です。買収した人もされた人も、3年以下の懲役・禁固又は50万円以下の罰金に問われます。候補者本人が与り知らない場合であっても、秘書や出納責任者など一定の立場の人による買収が確定すれば、連座制が適用され、当選無効となります

引用元:文春デジタル

あくまでも疑惑であって、違反が確定したわけではありません。

選挙演説では「〇〇砲のために、税金を使って議論の時間を割いている!」と国会のあり方について述べていました。

ところが、自らの文春砲により国会を止めてしまうことにもなりかねません。。。

広島県議に現金を渡した疑いも?

がぞう

自民党の河井案里氏(46)=参院広島=が春の広島県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の期間中に現金を持ってきたと、複数の自民党県議が証言した。7日までの中国新聞の取材に答えた。

いずれも「当選祝い」「激励」などの名目で、その後に返したとしている。

河井氏のこの行為は、公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たるとの指摘がある。

引用元:中国新聞

いずれも(現金が入ったとみられる)封筒は返しているようですが、河井案里が有権者に対して現金を渡したという行為が問題となります。

「今度、選挙立候補するからヨロシクね」という意味で現金を渡したものと疑惑が報じられています。

河井氏の事務所は「公選法に抵触することは一切していない」とコメントしている。

しかし、ウグイス嬢への報酬疑惑も含め、経緯など説明責任を問われることになるでしょう。

河井あんりの評判は?

河井あんり氏の評判

文春砲をうけて、河井あんり氏がコメントする前に夫である河井克行氏が法務大臣を辞任しました。

妻・河井あんり氏の違反を認めて辞任したわけではなく「法務行政への信頼が損なわれてはならない」との理由から法務大臣を辞任しています。

河井克行氏

【もう辞任】河井克行への評判がヒドい!地元・広島では悪評も?

2019-10-31

正直、議員としての河井あんり氏の仕事をまだ知りません。

河井あんりに対するネットの声

河井あんり氏の評判

公職選挙法違反の疑いもあってか、ネットでは河井あんり氏の評判はあまり良い意見がありません。

あくまでもネットのつぶやきなので信憑性はありませんが、探した限りでは「河井あんり氏擁護」の意見は見つけられませんでした。

さらに、参議院選挙での選挙活動や、当選にいたった経緯も広島県民としては納得いかないものがあるのかもしれません。

河井あんりの地元・広島では票が割れていた

河井対溝手

河井あんり氏が広島から参議院議員に立候補した際には、自民党内陣営が揉めていました。

というのも、広島選挙区は自民党現職(当時)の溝手顕正氏が立候補され、当選してきました。

バトルの背景の1つには自民党本部VS自民党広島県連がある。

県連幹部は「党本部による溝手さんいじめ」と憤りを隠せない。広島では、自民公認候補が13、16年と続けて2番手の野党候補に倍以上の得票差をつけてトップ当選。

党本部は「2人区でも2議席独占できる」と、今年3月に河井氏を2人目の公認候補として発表した。

引用元:日刊スポーツ

要約すると、

  • 当選枠は2人
  • 溝手顕正氏の選挙区に河井あんりも立候補
  • 自民党の候補が二人いたら票が割れる!(自民党広島県連)
  • 大丈夫、2議席独占できるよ!(自民党本部)
  • 地元・広島ではどちらの自民党候補を応援していいかパニック
  • 結果、票が割れる
  • 野党連合候補がトップ当選。河井あんり氏のみ当選して、溝手氏は落選。
  • 自民党本部のせいで溝手氏は落選した!(自民党広島県連)

自民党本部と広島県連との連携がかみ合わず、結果的に2議席確保も実現できませんでした。

前回、溝手氏が獲得した得票数の半分近くが河井あんり氏に流れてしまいました…。

地元・広島では自民党本部に対する憤りが少なからず残っていると思われます。

その怒りの矛先が河井あんり氏に向かうことも予想されますね。

文春砲で河井あんりの今後は?

河井あんり氏の評判

もし、公職選挙法違反の疑惑が真実だったとすれば、河井あんり氏は当選無効となります。(仮定です)

当選無効となると、溝手顕正氏が繰り上げ当選となるはずです。

広島県民(特に自民党派)は「あそこまで選挙区荒らしといてなんてザマだ!」と不満の声が上がってくることは間違いないでしょう。

次の選挙では野党候補をこの問題を攻めてくるでしょうし、自民党側も一枚岩で取り組めるのか不安です。

河井あんり氏の選挙活動中には、河井克行氏が事細かく活動方法を指示していたと言われています。

河井克行氏

【もう辞任】河井克行への評判がヒドい!地元・広島では悪評も?

2019-10-31

ポスト安倍を巡って、自民党要人の色々な思惑が空回りしていった結果なのかもしれません。