【ロンハー】モクタールが面白い!俳優・モデルの経歴がヤバかった!

ロンドンハーツのドッキリ企画に出演したモクタール(モックン)が面白いと話題になっています。

本職のお笑い芸人・パンサー尾形よりも笑いをとっていて、本気でパンサー(コヨーテ)に加入してほしいという声も上がっています。

  • ハーフでイケメン
  • スタイル抜群のモデル
  • サッカーはプロ級の技術
  • 俳優として「凪のお暇」にも出演
  • 歌手・DJとしても活躍

イケメンなのに笑いも取れるモデルのモクタールとはどのような男なのか…調べてみるとエリートで才能にあふれていることが分かりました!

ロンハー出演のモクタールが面白い!

ロンハー出演のモクタール(モックン)
モクタールのプロフィール
  • 名前:モクタール・ディウフ
  • 生年月日:1992年9月26日
  • 出身:神奈川県
  • 身長:180センチ
  • 体重:85キロ

ロンドンハーツ番組内のお笑いトリオ・パンサー尾形へのドッキリ企画で、新メンバーとして加入したモクタール(モックン)。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

褐色の肌、アフロ、スタイル抜群という外国人感あふれるルックスなのに、ペラペラの日本語というギャップで笑いを誘いました。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

パンサー尾形の「サンキュー!!」というネタも、モクタールが「Thank you!!」と本場の発音で切り返し、笑いを持っていきましたねw

これには、モニタールームのザキヤマも「ドッキリじゃなくて、本当に入ったほうが良いと思ってきてる」と笑い転げていました。

モクタールはどこのハーフ?

ロンハー出演のモクタール(モックン)

モクタールは日本語、英語、フランス語の3ヶ国語を話せるトリリンガルです。

父親がセネガル人、母親が日本人というハーフです。

セネガルの公用語はフランス語なので、父親の影響もあって日常会話くらいのフランス語は話せるようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MOCTAR モクタール(@moctarrrrr)がシェアした投稿

モクタールのインスタではが登場しています。

モクタールが小学4年生の頃に生まれたそうですので、およそ10歳ほど離れた兄弟のようです。

モクタールのインスタを見ると、モクタールの弟は湘南工科大学附属高等学校のラグビー部に所属していることが分かります。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

見た目は外国人ではありますが、生まれも育ちも日本です。

ロンハーでの笑いの間や表情の作り方を見ると、日本のバラエティを見て育ったんだなぁ〜と感じますw

おそらく心も日本人であることが伺えますね!

モクタールの経歴がエリート過ぎる!

ロンハー出演のモクタール(モックン)

コヨーテのモックンとしてもパンサー尾形の笑いを超えていったモクタールですが、その経歴もスゴいものがありました。

ロンハーでもサッカーの技術の高さが見られましたが、頭も良く「青山学院国際政治学部」を卒業しています。

青山学院国際政治学部の偏差値は62.5と難関大学であることが分かっています。(みんなの大学情報より)

青山学院サッカー部はあまり強豪校とは言えないようなので、サッカー推薦で入学したかは不明です。

推薦入学ではなく、一般入試で合格している可能性が高いですね!

モクタールのサッカー歴がスゴい!

ロンハー出演のモクタール(モックン)

モクタールは学生時代に横浜FCのジュニアユースに所属していました。

Jリーグのユースに所属するというのは、サッカー技術で相当レベルが高いということが分かります。

希望すればユースに入れるというものではなく、プロチームが未来の優秀な人材をお金をかけて育てます。

サッカーをしている学生でも、ほんの一握りしか加入することはできません。

全国レベルの選手だけが所属することができるトップ集団で、モクタールはその一員だったということですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

MOCTAR モクタール(@moctarrrrr)がシェアした投稿

さらに、モクタールはサッカーゲームの金字塔「ウィニングイレブン」のモーションキャプチャのモデルを務めていました。

ウィニングイレブンといえば、選手のリアルな動きが特徴的で、走り方やシュートの動きなどは実在人物がそのままゲームになったと錯覚してしまうほど。

そんなゲームで、モクタールは「ネイマール」や「イブラヒモビッチ」といった世界のトッププレイヤーの動きを担当していたのだとか。。。

  • ズラタン・イブラヒモビッチは197センチの体格を生かした強いプレイと正確な動き
  • ネイマールは175センチと小柄ながら、ドリブルを武器にした速いプレイ

特徴の違う選手の動きを真似ていることになります。

しかも、サッカー選手ではなくモデルのモクタールが担当するということは、サッカー技術がかなり信頼されていることが分かりますね!

モクタールはモデルとしても活躍!

ロンハー出演のモクタール(モックン)

モクタール自身を認識していなくても、モクタールが担当したポスターや広告を見ると「え、このCMもモクタールだったの!?」と思ってしまいます。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

スタイルの良さを生かしてUNIQLOの広告モデルを務めています。

言われてみれば「モクタール」ですが、やはり服装がメインのCMなので目立ってはないですねw

ロンハー出演のモクタール(モックン)

Nintendo Switchの広告モデルにも起用されています。

モクタールの人柄のせいか楽しい雰囲気が伝わってくるように感じますね!

アクアモデルというモデル事務所に所属しているので、メインの芸能活動はモデルということになるでしょう。

モクタールの出演CM抜粋
  • ザ・スーツカンパニー
  • マクドナルド
  • ソニー
  • コカ・コーラ
  • 日産「CUBE」
  • Google Play Music
  • NTT東日本
  • NTTドコモ
  • フォルクスワーゲン
  • 資生堂「エージーデオ24」
  • Nintendo Switch
  • UNIQLO
  • Amazon Music
  • サントリー「ジム・ビーム」

モクタールは「凪のお暇」に出演していた

凪のお暇のモクタール

ロンハーに出演した際、ネット上では「凪のお暇におったよな!?」と話題になっていました。

モクタールは凪のお暇で「タカ」役を演じており、中村倫也(ゴン)の仲間という役柄でした。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

また、モクタールはAbemaTV「かぐや姫と7人の王子たち」に出演していました。

1人の女性を巡って7人の男性が奪い合うという恋愛ドキュメンタリーです。

モクタールは途中で脱落してしまいましたが、それまでの気遣いや明るさで番組のムードメーカーになっていたので、脱落には悲しみの声が多くあったようです。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

ライバルである他の男性もモクタールの脱落には涙を流すほど、モクタールは愛されていたんですね。

モクタールは歌手・DJとしても活躍

ロンハー出演のモクタール(モックン)

大学時代にはDJとしても活動しており、イベントに呼ばれるなどの活躍もしていたようです。

2017年頃からライブユニット「アシッド田宮三四郎」のMCとして加入しています。

あのルックスで歌われると雰囲気もアガってしまうでしょうね!

モクタールのお笑いスキルがヤバいw

ロンハー出演のモクタール(モックン)

モクタールはロンハー以前にもお笑い番組に出演していたことがあります。

2014年の「バナナマン×ブラマヨ×E-girls かけるなキケン」では、外国人が日本人モノマネをする企画で優勝しています。

モクタールはお笑い芸人・はんしゃ金田のマネをしたようですが、残念ながら動画は見つかりませんでした。

ロンハー出演のモクタール(モックン)

モクタールは普段からムードメーカーであり、その場を盛り上げるスキルが非常に高いのではないかと感じます。

まわりの空気感を感じ取っていないとできないことなので、繊細な性格をしているのかもしれません。

ロンハーのドッキリ企画をキッカケに、コヨーテ4人目として活躍する道もアリですね!