ミルクボーイのトークが面白くないの声!一発屋で終わる可能性大?

ミルクボーイ

M-1グランプリ2019で優勝したミルクボーイ。

「コーンフレーク」など漫才ネタは面白いけど、フリートークが面白くないので一発屋で終わるんじゃないかと言われています。

最近のバラエティ番組はひな壇でのフリートークが面白くないとテレビに出ない傾向があります。

ミルクボーイの2人はM-1バブルが終わった後でもテレビに出続けられるのでしょうか?


ミルクボーイがM-1優勝で引っ張りだこに

優勝したミルクボーイ

M-1グランプリ2019で圧倒的な漫才ネタで会場を沸かせたミルクボーイ。

歴代最高得点を叩き出し優勝したミルクボーイは例年の通り、M-1終了後から寝る間もなく仕事が入ってきているようです。

「仕事がパンパンで寝てないって言ってたけど…」と心配しながらも「目はイキイキしてた!」と明るい様子を強調していた。

M-1後にはワイドナショーなどでも漫才ネタを披露するなど目まぐるしく仕事をこなしているようで、忙しすぎて何がなんだか分からないという状況のようです。

M-1特需に沸いているミルクボーイですが、ネタは面白くてもフリートークは面白くないという声が多く上がっています。

ミルクボーイはフリートークが話せない?

お笑い芸人・ミルクボーイ

「コーンフレーク」「もなか」と言ったM-1で披露した漫才ネタをキッカケに、世間でも「それコーンフレークやないか!」と真似をする人も増えました。

漫才ネタをパロディしたミルクボーイ構文なんていうワードも話題になっていますねw

このように、ミルクボーイの漫才ネタは一気に注目を浴びて認知度が高まりました。

しかし、世間的にミルクボーイの2人に対する認知度はまだ低いです。タだけが先走っている感がありますよね。

ミルクボーイが「売れる」には?

明石家さんま

近年のバラエティ番組では漫才ネタを披露する番組は少なく、主にフリートークで進行されていくバラエティが多いです。

アメトーークやしゃべくり007、さんま御殿など、その場の空気や話の流れを汲んでのトークスキルが必要になりますよね。

一般的に「売れた」と言われるのは「テレビでよく見る」を指すと思います。

ミルクボーイが「売れる」ためにはフリートークが面白くて、バラエティ番組でよく見かけるという状態にならなければいけません。

ミルクボーイのフリートークは面白くない?

お笑い芸人・ミルクボーイ

漫才以外がボロボロで、トークとかできるのかと皆さん不安だと思うんですけど、いちからがんばります。何でもさしていただきます。

M-1終了後の会見では内海(右側)が「漫才以外はボロボロ…」とトークへの心配を口にしています。

実際に、M-1優勝後に出演したワイドナショーでは、特に大きく笑いを仕掛けるようなこともなく、トークを広げてもらっている感がありました。

もちろん、松本人志や東野幸治がいる中で「流れに身を任せた」のかも知れませんが、2人の「真面目な性格」がトークに出てたなという印象です。

急に仕事が忙しくなったため、自分たちのトークのペースが掴めていないとも思われます。

しばらくは自分からトークを振るというよりも、イジられて笑いを返すというスタイルになりそうですね。

ネットでは「一発屋」を心配する声も

お笑い芸人・ミルクボーイ

M-1優勝してバブル状態になっているミルクボーイに対して、「一発屋で終わるんじゃないか…?」という心配の声があります。

ミルクボーイの「トーク」に対して不安に思っているお笑いファンは多く、漫才ネタは面白いけど飽きられて消えるんじゃないかという心配があるようです。

コーンフレークやないか、コーンフレークと違うか〜という行ったり来たりの漫才パターンだけを求められ、そのまま使い捨てられてしまうのではないでしょうか。

今のままだと「コーンフレークのコンビ」という認識だけが残ってしまい、「ミルクボーイ」としての魅力が認知されないままになるという心配があります。

霜降り明星

2018年のM-1王者である霜降り明星は、優勝直後は「野党!」に代表される粗品のツッコミ時のポーズばかりが取り上げられました。

しかし、

粗品自身はトーク中のツッコミもできて、せいやはボケが滑っても愛されキャラで笑いを取ってきました。

ただ、ミルクボーイがアドリブで笑いをとっていけるかというと疑問視する声が多いのは事実ですね。

ミルクボーイの過去のトークは面白かったの?

では、ミルクボーイのフリートークが本当に面白くないのか見てみましょう。

漫才後のロンブー淳とのフリートークではあまり笑いを取れている様子がありませんでした

ラジオでは2人で軽快に話す様子が感じられるんですが、アルコアンドピースなどテレビには出ないけどラジオ番組をたくさん持っている芸人もいるので評価対象になるのか微妙です。

松本人志や明石家さんま・田村淳などの急なフリに対して、どのように切り返して笑いを取っていけるかが「売れる」ために大事になってきそうですね。

M-1バブルが終わった後のミルクボーイに注目していきたいと思います!