芸人・カラタチのネタ作り担当はどっち?嫌々作った漫才だった!

皆さんはカラタチをご存知でしょうか?

今年の3月19日放送したアメトーークNEXTお笑い第七世代に出演し、今も成長し続けている芸人です!!

「どのような芸人だろう?」「あまり知らない!」という人もいると思い紹介したいと思います!!

知っている人も是非見ていってください!!


カラタチのネタ作り担当は誰?

まずは、カラタチの2人を紹介します!!

  • 名前 大山 和也(おおやま かずや)
  • ツッコミ担当
  • 生年月日 1988/10/4
  • 年齢 31歳
  • 出身地 群馬県前橋市
  • 所属 よしもとクリエイティブエージェンシー

大山和也さんはアニメが大好きで、その流れでゲームにもハマっていったようですね。

あくまでもアニメやゲームは趣味なのでネタにするのも嫌がっていたようです

しかし、相方の前田壮太から頼まれて何とかネタにしていったようですね。

  • 名前 前田 壮太(まえだ そうた)
  • ボケ担当
  • 生年月日 1987/10/18
  • 年齢 32歳
  • 出身地 宮崎県延岡市
  • 所属 よしもとクリエイティブエージェンシー

前田壮太さんはアイドルが大好きで、AKB48の握手会にも参加しているようです。

渡辺麻友さんのファンのようで、AKB48の総選挙の時にはCDを20万円分購入しているというつわもので、噂では握手会があるために仕事を断ることもあるようです…。

2人のオタクネタで大盛況のカラタチですが、ネタを作っているのはどちらかと事なのですが…

結論から言うと前田壮太さんです。

ネタ作りについて吉本のインタビューで語ってました。

――どのようにネタを作るんですか?

大山「ボケは前田が作るんですけど、僕が流れを作っていくような感じです。相方は自分の言いたいことをアウトプットしているだけで、ネタの手入れも一切しない。賞レースのために直すこともないので、結局僕がネタを叩いているような状態です」

前田「ネタを作るというか、言いたいことを言っているだけなんですよ」

大山「ネタの良し悪しにこだわりはないですね。だから俺が組み替えたり指示を出したりしています」

引用元:ラフ&ピースニュースマガジン

と、言うように前田壮太さんが「言いたいことをいう結果にこだわりがない」ことが、ナチュラルな形になってボケ結果的に良い流れているのでしょうか?

しかし…、そのボケに対して枠組みを考えたり、と流れを作れる大山和也さんはかなり頭の切れる人ですね!!

そんな自由なカラタチの経歴をご紹介いたします!!

芸人・カラタチの経歴

今までのM-1グランプリでの経歴を調べてみました!!

  • 2015年 2回戦進出
  • 2016年 2回戦進出
  • 2017年 2回戦進出
  • 2018年 3回戦進出
  • 2019年 準々決勝進出

結果から見てみると徐々にトーナメントで上がっているのが見受けられるカラタチです。

今年こそは決勝へ進んで、結果を残してくれるのでしょうか?!かなり楽しみなところです!!

そんなカラタチの結成はどのような話なのか?と知りたいと思い調べてみました!!

ぜひご覧ください!!

カラタチはどうやって結成した?

カラタチの結成秘話をご紹介いたします!!

――東京NSC16期生で出会ったというお二人。コンビ結成のきっかけは?

大山「僕は普通だったんですけど、こいつ(前田)が特殊で、NSCの時に8か月間くらいネタ見せを一切しなかったんですよ。ただただ授業だけ出ているみたいな気持ち悪いヤツで……。ようやく別のヤツに声をかけられてネタをやり始めたんですけど、ここでは言えないくらいヤバイネタをやって、異常なくらいに人気になっちゃって」

前田「僕が魔法をかけられて“前田様”っていうキャラになって、いろいろ悪さをするネタだったんですけど、いまだに“前田様”って呼んでくれる同期もいます」

大山「お互い(当時のコンビが)解散になったタイミングで声をかけました。自分が“面白いヤツじゃない”っていうのは分かっていましたし、インパクトのあるヤツと組みたかったっていうのもあったんで“ちょっとやってみないか?”って」

引用元:ラフ&ピースニュースマガジン

当時から大山和也さんは前田壮太さんの実力を感じていたのでしょうか…?前田壮太さんのインパクトを感じていたと話しています。

お互いに似ている部分もあり、惹かれていくところもあったとのでは?と感じてしまいました。

ところで、カラタチのネタはどんな感じなの?と思う人もいると思います。

そこでカラタチのネタをご紹介します!!

カラタチのネタ動画が面白い!

カラタチと言えば、アイドルオタクとアニメオタクのネタです!!

私的なとらえ方ですが。

お互いに好きなことをネタにしているので、ボケながらも、嬉しそうに話ししているような所が生き生きしていて楽しいです。

笑い方も「ムフフ♡」と言うような、オタク感が出ている笑い方も面白いです。

罵りかたも、また他と違うところとか、リズム感があるボケもまたツボに入ります。

何よりもアイドルに詳しくないのですが、つい笑ってしまう場の持って行き方がすごいと感じています。

まとめ

ここまでカラタチを紹介していきましたが。

  • NEXTお笑い第七世代として紹介されている。
  • 2人ともが別々であるがオタクである。
  • 2人ともが仕事よりも趣味に生きている。
  • 結果も徐々に伸ばしている。

好きなことをして生きている最高に人生を楽しみながら芸人としても実力を付けているカラタチ!!

今後の活躍も注目して、期待しながら応援していきましょう!!