ミルクボーイが売れない理由は華の無さ?バラエティでは力不足の声も

お笑い芸人・ミルクボーイ

M-1優勝したお笑い芸人は売れる!と言われていますが、2019王者のミルクボーイに対して「売れない」と話題になっています。

ネット民や報道ニュースでも「ミルクボーイは売れなさそう…」という声が出てきているんですよね。

この記事では、面白いのけどミルクボーイが売れないと言われる理由についてご紹介していきます。

ミルクボーイのプロフィール

お笑い芸人・ミルクボーイ
ミルクボーイのプロフィール
  • メンバー:駒場孝(立ち位置左)・内海崇(右)
  • 結成年:2007年
  • 事務所:吉本興業
  • 同期:学天即・トットなど

2019年令和初のM-1グランプリ王者となったミルクボーイ。

ミルクボーイの「リターン漫才」とも言われている、合ってる・そうじゃないという話が行ったり来たりするネタが新鮮で面白いですよね!

M-1グランプリ2019では、コーンフレークのネタで今までのアンタッチャブルを抜いて歴代最高得点(681点)を叩き出しました。

お笑い芸人・ミルクボーイ

M-1グランプリが中断した2010年から5年近くは漫才に対する情熱が冷め、サボり気味になっていました。

復活してからも「全然売れへん」と自虐ネタが多くありました笑

「ボクら、人気は全くないんですよ」と内海は笑う。確かに、よしもと漫才劇場など、舞台に立つ際にそれぞれに渡される5枚のチケットさえ「この2年間、1枚も売れたことがない」と駒場が苦笑い。
引用元:スポニチ

実力がありながらも活躍の機会に恵まれないミルクボーイに笑い飯・哲夫も「神様級の苦労人だ」とM-1優勝を讃えています

ミルクボーイが売れない理由は

お笑い芸人・ミルクボーイ

M-1王者になった芸人は売れっ子街道をまっしぐらに進むイメージがあります。

しかし、ミルクボーイに対する世間のイメージはそうではないようです。

彼らの優勝直後、制作スタッフの間で出ていたのは“ネタは面白いけどちょっと地味だな……”という声でした。

過去最高の得点を叩き出したふたりですが、去年の『霜降り明星』が優勝したときのほうが盛り上がった気がしますね

引用元:週刊女性

2018年にM-1グランプリ王者になった霜降り明星は翌年テレビで見ない日はないというくらいに活躍しました。

しかし、ミルクボーイはM-1王者にもかかわらず「売れない」と言われているのです。

ミルクボーイが売れないと言われる理由について調べてみました。

ミルクボーイには見た目の華がない?

お笑い芸人・ミルクボーイ

ミルクボーイの2人は見た目が地味という声が多くあります。

目が細いことが目付きが悪く見えたり、角刈りでベテラン感が漂いフレッシュさがないという点で「華がない」と言われがちです。

近年では霜降り明星、古い王者ではフットボールアワーやブラックマヨネーズ、チュートリアルなどバラエティ番組でも中心メンバーになっているコンビは非常に多いです。

そのどのコンビもイケメンかブサイク、見た目にインパクトがある芸人ばかりです。

しかし、ミルクボーイは「どこにでもいそう…」と思われてしまう見た目です。それが「売れない」と思われている理由の一つのようです。

ミルクボーイはバラエティで話せない?

お笑い芸人・ミルクボーイ

最近のバラエティ番組では漫才ネタで構成された番組はあまり見かけなくなっています。

しゃべくり007やアメトーークのように、トークの面白さを買われて売れていくというパターンが非常に多いです。

霜降り明星

霜降り明星も、せいや・粗品どちらかピンで出演しても番組内で爪痕を残す活躍を見せますよね。

その場の流れに沿ったリアクションやアドリブが求められることの多いバラエティ番組では活躍できそうにないという世間のイメージがあるようです。

ミルクボーイに対するネットの声

M-1グランプリ2019

ミルクボーイがM-1グランプリ2019で優勝したことに祝福や称賛の声が集まる一方で、「ミルクボーイ売れなさそう」という声が多くあります。

ミルクボーイに華がないという声

まずは「ミルクボーイには華がない」という声。

見た目に対する華の無さを指摘している人が多かったように感じました。

ほとんどの意見に共通するのは「面白くないわけじゃないけどテレビじゃ売れない」というもの。

ザイオンス効果といって、何度も接触(見る)する機会が増えるほど好感が増すという心理効果があります。

M-1優勝によってテレビで見る機会が増えますので、見た目にも違和感はなくなってくるかも知れないですね!

ミルクボーイのフリートークが心配という声

お笑い芸人・ミルクボーイ

やはり、バラエティ番組では生き残れないんじゃないかという心配の声は多かったです。

フリートークがメインとなるテレビ番組でミルクボーイが活躍するという未来は描けない人が多いようですね。

劇場・営業の漫才では大活躍しそう!

お笑い芸人・ミルクボーイ

ここまで「売れる」というのは、テレビで見ない日はないというくらいの「テレビ出演の頻度」を基準にしてきました。

しかし、テレビ番組に出演するだけがお笑い芸人の「売れる」ではありません。

お笑い芸人・トレンディエンジェル

全国放送のテレビ番組に出演していなくても、地方局で「売れている」芸人もいます。(ムーディー勝山など)

さらに、漫才ネタを披露する劇場や営業活動で大活躍している芸人はたくさんいます。(テツandトモなど)

M-1グランプリ王者であるNONSTYLEやトレンディエンジェルも営業本数はトップ10に入るほど(2018年)です。

お笑い芸人・ミルクボーイ

ミルクボーイがフリートークでのバラエティ番組で活躍できるかどうかは未知数であり、世間の期待値は高くありません。

しかし、「コーンフレークやないか!」というフレーズが一度認知されてしまえば、営業などでミルクボーイのネタは大爆笑になることでしょう。

ツイッター上では「ミルクボーイ構文」なるミルクボーイネタに似せた小話が面白さを競い合うように投稿されていますねw

「全国放送で売れる」かは期待薄ですが、「お笑い芸人として売れる」ことは間違いないでしょう!