藤井聡太は学校でも成績が良いの?頭の良さは将棋だけじゃなかった!

藤井聡太

藤井聡太は将棋界で数々の「最年少記録」を更新しており、天才的な頭脳を持っていることは明らかです。

しかし、気になるのは「将棋はできてもお勉強はどうなの?」というところ。

そこで、今回は「藤井聡太は学校でも成績が良いのか」「頭が良くなった理由」について調べてみました。

すると、藤井聡太は東大を目指せるほどの頭脳の持ち主だったことが分かりました!


藤井聡太の学校でも成績良いの?

藤井聡太

14歳2ヶ月という史上最年少の若さで将棋界のプロ入りを果たすと、そのまま29連勝という最多連勝記録を樹立した藤井聡太。

将棋界で数々の「最年少記録」を更新しており、藤井聡太は将棋において天才でしょう。

そこで、藤井聡太は将棋ばっかりしてて勉強の方はどうなんだ?という点について調べていきます。

藤井聡太の高校は偏差値61

藤井聡太

藤井聡太が通っている高校は「名古屋大学教育学部附属高校」(愛知県)です。

名古屋大学教育学部附属高校は、名古屋市にある国立高校です。名古屋大学教育学部附属の中高一貫校で、国立学校では唯一の併設型の中高一貫校として知られています。

引用元:みんなの高校情報

「みんなの高校情報(愛知版)」によると偏差値61で、愛知県内では47位/413位です。

偏差値だけで見ると、進学校ではないながらもレベルの高い学校だと言えると思います。

プロ棋士だからといって特別扱いされているわけではないので、藤井聡太は学校と将棋を両立させながら通っています。

藤井聡太の頭の良さは東大を目指せるレベル

藤井聡太

藤井君は自宅ではほとんど勉強していないようですが、学業も優秀で成績はトップクラス。

引用元:デイリー新潮

藤井聡太はプロになった2016年を除けば、年間で約60試合をこなしています。

週に一回は対局していることになり、試合会場である東京や大阪などを飛び回っていると想像できます。

藤井聡太

平日に対局があることが多いため、学校には満足に行けていないと思われます。

それでも、学校の成績がトップクラスということは地頭が良いと言えそうですね。

数学などでも問題を沢山解いて覚えるのではなく、本質を理解してスラスラできてしまうという天才タイプなのかもしれません。

藤井聡太

実際に、日本将棋連盟幹部や藤井聡太の母親も「東大へ行けばいい」と発言しているようです。

将棋界ではほぼ成功するとも言える将来性を持っているので、冗談で「東大へ行けばいい」と言うことは考えにくいです。

おそらく、本当に東大を目指せるほどの学力があると見てよいのではないでしょうか。

藤井聡太の勉強方法は?

藤井聡太

藤井聡太が通っていた中学校は「名古屋大学教育学部附属中学校」で、二年生の頃に将棋のプロ入りを果たしました。

当時から、学校が終わったらすぐに将棋の勉強や対局に時間を使っていました。

では、学校の宿題や勉強はいつやっていたかというと「学校の休み時間」だったそうです。

休み時間の数十分の間に、宿題を終わらせて予習復習までやっていたのだとか…!

藤井聡太

一番やりたい将棋のためにはどのようにして時間を作りだすべきなのかを逆算した結果、休み時間に終わらせるという結論に至ったのだと思います。

中学生という年齢を考えれば、好きなことを早くやりたい・嫌なことからは逃げたいという行動になってしまいがちです。

しかし、藤井聡太は「やらなければならないこと」を認め、どうすれば効率的にこなせるかを考えていたんですね。

この頃から藤井聡太はテストの点数よりも大事なことを人生の中で知っていたのかもしれません。

藤井聡太は幼少期から天才的だった

小さい頃の藤井聡太

5歳で将棋教室に入会した藤井聡太は、師範から渡された「駒落ち定跡」(将棋の参考書のようなもの)を1年で理解・暗記したそうです。

そのページ数はなんと500ページ近くあります。

しかも、当時まだ読み書きができない状態でありながら符号だけを頼りに読んでいったそうです。

普通の5,6歳児だったら、途中で飽きて部屋の隅っこに投げられていることでしょう…。

「ここぞ」という時の粘り強さや忍耐強さは、こういったところでも育まれたのかもしれないですね!

藤井聡太の育て方はどうだったの?

小さい頃の藤井聡太

藤井聡太が卒園した幼稚園は「モンテッソーリ教育」を取り入れていたそうです。

モンテッソーリ教育は、教師(大人)の価値観で一方的に教え込もうとするのではなく、子どもの興味や発達段階を正しく理解し、子どもが触ってみたい、やってみたいと思う環境を適切に用意し、その環境と子どもを「提示」などによって結びつけ、子どもの自発的活動を促します。

引用元:日本モンテッソーリ教育綜合研究所

モンテッソーリ教育は、子どもの「やってみたい」という気持ちを尊重して、大人の価値観を一方的に教え込もうとしないという考え方です。

藤井聡太も自分の興味を遮られることなく、伸び伸びと育てられたのではないでしょうか。

将棋に打ち込めたのもこういった教育の考え方があったからかもしれません。

将棋の才能が見込まれた後に、高校受験をしない中高一貫校にしたのは両親のアドバイスもあったんじゃないかと思います。

そのおかげで、プロ入りの時期に高校受験をせずにエスカレーター式で高校にあがることができています。

放置ではなく、進む道をアドバイスしながらも自主性は育てられていたのかもしれません。

まとめ

  • 藤井聡太の高校の偏差値は61
  • 学業でもトップクラスの成績
  • 東大を目指せるくらいの学力
  • 休み時間に宿題・予習復習を終わらせて効率化
  • 6歳で500ページ分を暗記
  • モンテッソーリ教育の幼稚園に通っていた

藤井聡太はただ将棋ができると言うだけでなく、勉強もできる天才的な頭脳を持っていることが分かりました。

勉強や将棋に縛られずに、自らの意思を尊重されながら育ったことが現在の藤井聡太の活躍につながっているのかもしれないですね。