チョコレートプラネットのネタ作り担当はどっち?小道具も自作だった!

今話題の、人気芸人と言えば「チョコレートプラネット」ですよね。

有名な分、皆さんの素朴な疑問として「どのように結成したんだろう?」や「どちらがネタを作ってるんだろう?」と思っている人も多いのでは?

そんな疑問を解決しながら、「チョコレートプラネット」という大人気の芸人を紹介したいと思い、これを見てさらに好きになってもらえたら嬉しいです!!

それでは最初にネタ作り担当を紹介します!!


チョコプラのネタ作り担当はどっち?

まず、皆さんの疑問である「ネタ作り担当はどちらか?」の結論から言いますと……

「長田庄平さん」がネタ作りを担当しているようですね!

ネタだけでなく「コントなどで使う小道具を作ったりしているのも」長田庄平さんのようですね。

しかもそれだけではなく、「オリジナルのTシャツやジーンズ」も手掛けているようですね。

TT兄弟のシャツだけでなく、2人が着ているシャツ長田庄平さんのオリジナルなようで、デザインもなかなかオシャレな感じですね!!

ネタ作りや小道具だけでなく「オリジナルTシャツ」まで手掛けている長田庄平さん。

そして、その相方である松尾駿さん、2人の経歴をご紹介していきます!!

チョコプラ(長田・松尾)の経歴

  • 名前:長田庄平(おさだしょうへい)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1980年01月28日
  • 身長/体重:168cm /70kg
  • 血液型:A型
  • 出身地:京都府 上京区
  • 趣味:DIY、スノーボード、陶芸
  • 出身:2005年 NSC東京校 11期生
  • 出身大学:嵯峨美術短期大学

大学を卒業後実家の町工場を手伝いながら京都市内にある陶芸教室の講師として勤務していたようですね。

現在でも趣味で陶芸を楽しんでいるようです。

そして、その後2005年にNSC東京校に入校しました。

  • 名前:松尾駿(まつおしゅん)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1982年08月18日
  • 身長/体重:169cm /77kg
  • 血液型:O型
  • 出身地:神奈川県 箱根町
  • 趣味:バスケットボール・音楽(レゲエ)・サッカー
  • 出身:2005年 NSC東京校 11期生

高校を卒業後は大学に行かずに放送関係の専門学校に入学しているようですね。(松尾駿さんの進学先の専門学校はすでに廃校になっているようで調べることはできませんでした)

その後に上京して芸人を目指したようです。

チョコプラはどうやってコンビ結成した?

チョコレートプラネット結成時のインタビューをご紹介したいと思います。

二人はコンビを組むまでに紆余曲折があったと聞きました。

「松尾」NSCで知り合ったんですが、最初は「長田さんのことが嫌い」だったんですよ。いつも授業の最前列に座って「よっしゃ、盛り上げていこうや!」みたいな感じでうるさかったから。友達がぜんぜんいなかった僕の対極、クラスのカーストの上位にいた人だったんです。

「長田」僕の実家は町工場で、NSCに入るまでは京都でのらりくらりと暮らしていたんですね。ただ「このままだと自分の人生は面白くないな…」と、一念発起して養成所に入りました。とはいえ、「人生賭けてやるぞ」って気持ちはなくて、現状を楽しんでいたから緊張もしなかった。だから同期からはのびのびしてるように見えたんじゃないかな。

「松尾」それからしばらくして、お互い組んでいた別のコンビが解散したタイミングで、「シソンヌ」じろうと長谷川の2人に「長田さんと組んだ方がいいよ。絶対面白くなるから」ってアドバイスを受けたんです。それも同じ日の昼間にじろう、夜には長谷川から。僕も内心、そう思っていたところもあって、その日のうちに連絡しました。

と言うように、苦手意識はあったものの、仲間の勧めでコンビを組んだ2人。

そのことが「功を成してか」どうかはわかりませんが…。

今となっては、「ピン」「コンビ」共にかなりの成績を収めていき、現在では色々なテレビ局で「引っ張りダコ」になってしまうほどに成長していきます。

そんな「チョコレートプラネット」こと「チョコプラ」の成績を紹介していきたいと思います。

チョコプラのお笑い受賞歴や成績は?

  • 2008年 キングオブコント 決勝進出(Bグループ3位)
  • 2009年 キングオブコント 3回戦進出
  • 2010年 キングオブコント 準決勝進出(追加合格で準決勝進出)
  • 2010年 第1回 F-1ぐらんぷり優勝(2010年11月23日 アームストロングのシチサンより)
  • 2011年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出(長田)
  • 2012年 爆笑レッドカーペット レッドカーペット賞
  • 2014年 キングオブコント 準優勝
  • 2015年 ABCお笑いグランプリ 決勝5位
  • 2015年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2015年 NHK新人お笑い大賞
  • 2016年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2017年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2018年 R-1ぐらんぷり 決勝進出 Bブロック3位(長田)
  • 2018年 キングオブコント 決勝3位
  • 2018年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2019年 R-1ぐらんぷり 決勝進出(松尾)準決勝進出(長田)
  • 2019年 キングオブコント 準決勝進出

と言うような、かなりの成績を残しているチョコレートプラネットです!!

R1ぐらんぷりでもピンで活躍し、長田庄平さんは決勝まで進んでいます。

M1と言う「漫才」というよりは、キングオブコントのような「コント」の方が得意なのでしょうか?

M1ではあまり結果は残していないような気がします…

しかし、キングオブコントでは決勝に進んでおり、最高では「準優勝」まで進んでいますね。(動画でも意気込みを話していました!)

しかしその年は「シソンヌ」に敗れてしまいます。

その後は、目立った成績はあまりなく、本当に凄いことですがキングオブコントでも準決勝で止まっています。

しかし4年後のキングオブコントで、「3位」の結果を残しています。

その他には、2016年のものまねグランプリ ザ・トーナメントで、「和泉元彌さんとIKKOさんのものまね」で、3位に輝いたのです。

そのモノマネが、かなり話題になり元々の人気にも拍車がかかって、その頃から多数の番組に出るようになりました。

まとめ

  • ネタを作っているのは長田庄平さん
  • 元々は別の人と組んでいた
  • 松尾駿さんから連絡してコンビを組んだ
  • キングオブコントでは準優勝
  • ものまねグランプリ ザ・トーナメントがきっかけで「和泉元彌さんとIKKOさんのものまね」が有名になる

チョコレートプラネットのお2人は、元々苦手意識があって、組んでみたら相性が良いというコンビです。

これは普段の生活でも、仕事でも同じことが言えることがあると思います。

何となく苦手な人でも、話してみたらホントはいい人で、避けていたのが不思議になることもあります。

苦手意識があってもまずは相手の本当の姿を知り、接していくと実は気の合う人で、楽しい会話ができるかもしれませんね!

上記の動画では本音で話しているところもあるのでぜひ見てみてください!!

チョコレートプラネットの今後の活躍を応援しています。