ウエンツ瑛士の英語力がスゴい!ペラペラ話す動画がイケメン過ぎ!

英語が話せるウエンツ瑛士

2020年現在、イギリス留学から帰国したウエンツ瑛士が英語ペラペラになっています!

留学前は「ハーフなのに英語喋れない」と散々イジられていましたが、すでに日常会話ならペラペラに話せるほどの英語力に成長しました。

さらに、英語が話せることによってウエンツ瑛士のイケメン度も爆上がりしています。

今回の記事では英語を話すウエンツ瑛士の動画も集めましたので、そのイケメンっぷりも合わせてご覧ください!


ウエンツ瑛士の2020年現在の英語力は?

2018年10月から約1年半に渡って、イギリス留学していたウエンツ瑛士。

演技力を上達させるために芸能活動を休止してイギリス留学を決行しましたが、留学前は「英語を話せない」ことを心配されていました。

イギリス留学を経て、気になるのは「ウエンツ瑛士の英語力」ですよね。

実は、あれだけ英語を話せなかったウエンツ瑛士は、2020年現在、英語力がハンパないことになっていました!

イギリス留学前は英語を話せなかった

ウエンツ瑛士は明るいキャラクターということもあって、英語を話せないハーフタレントとして有名でした。

父親はドイツ系アメリカ人(母親は日本人)で、見た目にも外国の血が混ざっていることは明らかです。

それなのに、英語を話せないというギャップで笑いをとることもありました。

バラエティ向けの「ネタ」かと思いきや、ウエンツ瑛士は本当に英語を話せなかったようです。

2017年9月2日、都内で行われた出演映画『禅と骨』の初日舞台挨拶で、ウエンツの英語力のなさが暴露されています。

ウエンツは日系アメリカ人を演じましたが、共演者の豪州出身芸人のチャド・マレーンから『こんなにウエンツさんが、英語ができへんとは』と苦笑されていました

引用元:exciteニュース

オーストラリア出身の芸人チャド・マレーンから「こんなにウエンツさんが英語できへんとは」と暴露されています。

そんな状態でのイギリス留学だっただけに、心配の声も多かったですよね汗

イギリス留学前

ウエンツ瑛士は英語をほとんど話せなかった。

イギリス留学中の英語力は「パードゥン?」程度

2019年6月、留学してから9ヶ月ほど経った頃に社会学者の古市憲寿がウエンツ瑛士のもとを訪れました。

その様子が古市憲寿のインスタにアップされています。

ウエンツ瑛士がハゲてる
超真面目に劇の勉強してた!

と書かれていて、順調な留学生活が垣間見えた瞬間でした。

さらにイギリスに留学してから約一年後、女優・大竹しのぶのインスタに登場したウエンツ瑛士。

ウエンツ瑛士がハゲてる

一年ぶりにイギリスに留学しているウエンツ瑛士君に会い、ランチをしました。こんな素敵なレストランを予約してくれたのです。

私が到着した日も時間を作ってくれてホットドッグをご馳走してくれて。久しぶりに見たえいじの顔はとても凛々しく男らしくなっていました。

本人いわく、モーニングとバーイ位しか話せないのに、こっちに来ちゃったからと言っていましたが、相当大変だったと思います。偉い!

大竹しのぶがウエンツ瑛士の近況を報告していました。

「モーニング」「バーイ」程度の英語しか話せないというのは、さすがに話を盛っていると思いますw

しかし、ほぼ中学レベルの英語力から、レストランを予約できるほどの英語力に急成長していることが分かりますね。

イギリスに留学してからも、たまに日本のバラエティ番組にゲスト出演していたウエンツ瑛士

2019年12月に「火曜サプライズ」ではイギリスからテレビ電話で出演しました。

ヒロミ
ウエンツは英語は話せるようになったのか?
ウエンツ
…パードゥン?
ヒロミ
それは話せるって言えんの!?
ウエンツ
いいんですよ!だいたい、ハート・トゥ・ハートでやってますから!
イギリス留学中

ウエンツ瑛士は少しは英語を話せるようになっていた。

【動画あり】イギリス留学後は英語がペラペラに!

ウエンツ瑛士がハゲてる

そして、1年半の留学期間を終えて帰国直前のウエンツ瑛士はペラペラに英語を話せるようになっていました!

火曜サプライズのイギリスロケに登場したウエンツ瑛士。

積極的にアポをとろうとするウエンツ瑛士

事前予約もないレストランに1人で行き、英語で状況説明と撮影許可をとるシーンが流れました。(通訳なし)

ミシュラン常連店に英語だけでアポなし交渉するウエンツ瑛士の姿がありました。

今までは自身の英語力の無さを笑いに変えてきたウエンツ瑛士ですが、見違えるほどの英語力の成長っぷりを見せつけましたね。

一方的に伝えるだけではなく、リスニングして会話する様子が印象的でした。

イギリス留学後

ウエンツ瑛士は日常会話なら英語を話せるようになった。

ウエンツ瑛士が留学した理由は?

ロンドンのウェストエンドで舞台に立ちたいという夢があります。

この夢を叶えるため、演技の勉強をするためにイギリス留学をしました。

ウエンツ瑛士がイギリス留学を考えはじめたのは30歳の頃だったそうです。

それまでは日本で仕事をしながら夢を叶える努力をしたが、やればやるほど「イギリスで学びたい」という気持ちが強くなっていきました。

レギュラー番組もたくさん抱えていた状態だったので、たくさん悩んだ末の決断だったようです。

留学前は「なにかやらかした?」「干されたの?」という憶測も流れましたが、純粋にウエンツ瑛士の夢のためのイギリス留学でした。

ウエンツ瑛士の家族は英語を話せるの?

前述の通り、ウエンツ瑛士はドイツ系アメリカ人と日本人のハーフです。

ハーフタレントでは英語も日本語も話せるという方が多いため、ハーフ=英語が話せると思ってしまいます。

ウエンツ瑛士の家族は英語が話せないのでしょうか…?

  • 父親(ドイツ系アメリカ人)→ 英語ペラペラ
  • 母親(日本人) → 英語ペラペラ
  • 兄(ハーフ) → 英語ペラペラ(留学経験あり)

ウエンツ瑛士以外の家族3人は英語がペラペラに話すことができるようですw

日本語も話せるようになってほしいという両親の願いもあって、英語よりも日本語にチカラを入れた結果だそうですね。

ウエンツ
英語を話せる遺伝子がどこにあるのかわからない

と語っていたこともあります。

ウエンツ瑛士の英語力に対するネットの反応は?

ウエンツ瑛士とヒロミ

英語を話せないキャラから一転して、ペラペラの英語を話すようになったウエンツ瑛士。

その姿に驚く人、感動する人、目がハートになる人など、ネット上でも反響が凄まじかったですね!

もともと「端正な顔立ちでイケメン、なのに英語が話せない面白キャラ」だったウエンツ瑛士が

ハーフのイケメンで英語ペラペラ

という生粋の男前に変身してしまいました!

英語を話せないという事実を知っているだけに、裏で相当努力したんだろうなという苦労を感じます。

しかし、苦労を全く表に見せないところが、さらにウエンツ瑛士のイケメン度をアップさせています!

朝の情報番組「スッキリ」では、ハリウッド俳優に英語でインタビューする姿が見られるかもしれないですね!