【ブラタモリ】草なぎ剛の声が枯れていたのは舞台のせい?体調不良?

声がかれた草なぎ剛

2月8日放送のブラタモリの四万十川編の草なぎ剛の声が枯れていて、すごく元気がなく聞こえます。

風邪などの体調不良で、ああいった声になってしまったのか。

また、鬱のような精神的なことで声が出なくなってしまったのでしょうか?

ネットの声などをもとに理由を探っていきます。

草なぎ剛の声がおかしい

声がかれた草なぎ剛

2月8日に放送されている「ブラタモリ」にナレーション出演している草なぎ剛の声が急に暗くなって元気がないと話題になっています。

いつもはハイテンションなナレーションなんですが、四万十川編の草なぎ剛は非常に落ち込んだような声です。

なぜ、急に暗くて枯れたような声になってしまったのでしょうか?

草なぎ剛の声が暗い理由は?

声がかれた草なぎ剛

草なぎ剛の声が出ていなかったのはなぜでしょうか?

いつもはハイテンションな口調が暗くなってしまった理由はいくつか考えられます。

舞台後で声が出なくなった

草なぎ剛は2020年1月11日〜2月2日まで舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」公演に出演していました。

この舞台では、かなり大声を張り上げる演技もあるようです。

その舞台後で声が回復していないうちにブラタモリの収録があったので、声に元気がなかったのではないかと言われています。

どうやら舞台での大声が原因で声が出ない、抑え気味にナレーションをしているようですね。

風邪などの体調不良が原因?

急に声が沈んでしまったので、心配したファンも多かったようです。

声だけで表情が見えないので、精神的に病んでしまったのかと思ってしまいますよね。

しかしながら、体調不良ではないようです。

草なぎ剛の声が枯れた原因は舞台

声がかれた草なぎ剛

ブラタモリの四万十川編で草なぎ剛の声が枯れてしまったのは前述の舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」での声の使いすぎによるものと思われます。

落ち着いたトーンの草なぎ剛の声も魅力的ですが、いつものブラタモリではハイテンションなので驚きましたねw

「ななにー」や舞台など、2020年からは急に忙しくなっているとも考えられるので体調には気をつけてほしいですね!