金正恩の後継者は妹・金与正になる?子供の成人まで最高権力者か

北朝鮮の最高指導者である金正恩が体調不良により、表舞台に姿を見せなくなったと言われています。

ネット上では死亡説も流れていて、かなりバタついているように見えます。

金正恩が引退するとしたら、次は誰が後継者として実験を握ることになるのでしょうか?

注意
ジャーナリスト・篠原常一郎氏のYouTube動画を情報ソースとして記事作成しております。

金正恩の後継者は金与正?

病気と言われる金正恩

2020年に入ってから表舞台に姿を見せることがなくなっており、金正恩の体調がかなり悪化していると噂になっています。

重篤な状態、または既に死亡しているのではないかとまで言われています。

金正恩の容態が悪くなったことで、次に最高権力者として君臨するのは誰かと憶測が流れています。

正統な後継者は金正恩の息子?

金日成から続く最高指導者の流れを考えれば、金正恩の息子が跡継ぎになるのが自然だと言えるでしょう。

しかし、金正恩の長男は2010年に生まれていてまだ子供です。

成人もしていないうちに北朝鮮の実権を握るというのは現実的に考えられません。

すでに妹・金与正が実権を握っている?

金与正

ジャーナリスト・篠原常一郎によると、すでに妹の金与正が実権を握っていると言われています。

金与正は「党組織指導部第1副部長」「本部等責任秘書」を兼任していて、すでに実質的な最高権力者になっているそうです。

金一族で権力維持していく?

金与正と金正恩

金正恩の息子が政治的な仕事ができる立場になるまでの期間、現体制を守っていくという流れになるのではないかと言われています。

金正恩の息子が実権を握る日まで、妹・金与正が最高権力者として君臨する可能性があります。

チェコにいた金平一

さらに篠原常一郎の情報によると、金平一(金正恩のオジ)が約30年ぶりに北朝鮮に戻ってきたそうです。

もともとは反乱を避けるために海外に出されていましたが、粛清されずに戻ってきています。

ということは、金一族みんなで現体制を守っていこうという意志の現れなのかもしれません。

金与正の独裁体制になるというわけではなく、金一族で結束して権力を守っていくと見込まれています。

金正恩

金正恩が重体で消息不明?脂肪吸引の失敗で命の危機って本当なの?

2020-02-15