四千頭身のネタ作り担当は誰?リーダーは驚きのあの人だった!

最近テレビでよく見かける、お笑い第7世代の「四千頭身」。

この記事では

  • 四千頭身のネタ作り担当は誰なのか
  • 四千頭身結成の経緯
  • 四千頭身の受賞歴・成績

について、まとめています。


四千頭身のネタ作り担当は誰?

ネタ作り担当は後藤拓実です。

後藤拓実は四千頭身が結成される前のころから、ネタ作りをしているのでネタ作りが得意なのかもしれません。

四千頭身は主に漫才をおこなっており、都築拓紀と石橋遼大のボケに後藤拓実がローテンションなツッコミを入れるという芸風をしています。

ネタによってはほとんど後藤拓実と都築拓紀だけで進行するものもあり、石橋遼大のセリフが少ないことがあります。

なので、石橋遼大はボケ役ではなく、石橋役という特別な役割を与えられています。

脱力系の漫才だからこそ出来る役目ですね…。

四千頭身の経歴

四千頭身のメンバーのプロフィール

石橋遼大

  • 出身地:東京都
  • 身長:171㎝
  • 血液型:AB型
  • 趣味・特技:大相撲観戦、サッカー、スラムダンク、口笛


四千頭身のリーダー!

ライブの観客投票によって決まったそうです。

「バシ(くん)」の愛称で呼ばれており、高校時代はサッカー部で副キャプテンを務めていました(実践学園高校の四軍)。

その端正な顔立ちから、「バシガール」と呼ばれる女性ファンがたくさんいます。

後藤拓実

  • 出身地:岩手県(生まれ)、埼玉県(育ち)
  • 身長:165㎝
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:野球、滝めぐり、オカリナ

脱力系のツッコミ役。

そのツッコミ方は体調が悪い時におこなったライブできっかけで身に着けたそうです。

高校時代、友達にワタナベコメディスクールに応募され、そのまま入学しました。

また、ライバルは宮下草薙だそうです。

特に草薙には嫉妬心を抱いていますが、仲はいいみたいです。

都築拓紀

  • 出身地:茨城県
  • 身長:177㎝
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:ゲーム、実用数学技能検定3級

しゃべり好きのボケ担当。

しゃべるのが好きで、四千頭身のネタの中でも、特にしゃべる時間が長いです。

ゲームや数学が得意ですが、カナヅチで泳げないという意外な弱点があります。

養成所では髪を赤く染めていたとか。

見てみたい…。

四千頭身はどうやって結成した?

四千頭身のメンバーは、ワタナベコメディスクールの22期生として出会いました。

スクール時代は都築拓紀と後藤拓実は別のもう一人の人とトリオを組んでいました。

しかし、都築拓紀とその別の一人の仲が悪く、後藤拓実もそんな二人にツッコミを入れるのが嫌だったそうです。

その後、トリオを解散し、後藤拓実は石橋遼大と組むことになりました。しかし、なかなかしっくりこなかったみたいです。

後藤拓実はもとのトリオに戻ろうとしましたが、別の一人がすでにコンビを結成しており、石橋遼大を加えてトリオを結成しました。

そんな四千頭身は結成当初は「仮のトリオ」として活動していました。

なので、事務所に所属するまでは「結果が出なければ終わる」といい、緊張感のある状態でした。

都築拓紀は解散するタイミングを見計らっていましたが、ワタナベコメディスクールを卒業後、すぐにワタナベエンターテインメントに所属することになったので、解散できなくなったそうです。

この様子だけ見ると、トリオの仲はあまりよくなさそうですね…。

しかし、三人で楽しそうに映る写真も多くみられるので、プライベートでは仲がいいのかもしれません。

ちなみに、四千頭身というトリオ名は石橋遼大が後藤拓実のスマートフォンにドラゴンボールの神龍の画像を送ったところ、後藤拓実から「四千頭身」と返信が来たことがトリオ名に繋がったそうです。

何気ないやり取りがトリオ名の由来になっているのは微笑ましいですね。

四千頭身のお笑い受賞歴や成績は?

そんな四千頭身の受賞歴はどうなっているのでしょうか。

M-1 グランプリ
年度結果
2016年一回戦出場
2017年準々決勝進出
2018年 準々決勝進出
2019年準決勝進出

M-1 グランプリでは決勝進出しておらず、目立った成績はありませんね。

しかし、3年で準決勝進出まで結果を出せたのはすごい成長スピードだと思います。

その他の賞レースの結果
  • ワタナベお笑いNo.1決定戦2018 準優勝
  • お笑いハーベスト大賞 決勝進出
  • キングオブコント2018 準々決勝進出
  • 岡-1グランプリ2018 優勝
  • 第一回 冗-1グランプリ2019 優勝
  •  第40回 ABCお笑いグランプリ2019 決勝進出
  • ワタナベお笑いNo.1決定戦2020 決勝進出

優勝や決勝進出など、輝かしい成績を残していることが分かります。

M-1 グランプリの成績もこれから伸びてきそうですね!

では、実際に四千頭身のネタを見てみましょう。

後藤拓実のローテンションなツッコミが、個人的に面白いなーと思います!

ボケ役の二人に合わせて、微妙にツッコミの感じが変わってくるのもいいですよね!

四千頭身は自身のYouTubeチャンネルを開設しているので、ぜひ見てみてください。

まとめ

ここまでの内容をまとめると

  • 四千頭身のネタは後藤拓実が作っている
  • 四千頭身は「仮のトリオ」として結成された
  • 四千頭身はM-1 グランプリ以外の賞レースで活躍している
  • これからのM-1 グランプリでの期待が大きい

となります。

お笑い第7世代としてこれから、たくさんの若手芸人たちを引っ張ってほしいと思います。

四千頭身の今後の活躍に期待しています!