「残業好き」への賛否両論まとめ!手当が無いなら帰る・無能の声も

残業好き

「残業好き」という言葉がトレンド入りするほど話題になっています。

働き方改革で残業を減らそうとする企業が増える中、「自分は残業したいんだ!」という意見もあることに対して賛否両論があるようです。

「残業好き」についてどのような意見があるのかまとめてみました!


「残業好き」がトレンド入り

残業好き

働き方改革が叫ばれる中、ワーカホリックな方たちからは「柔軟性を認めるなら残業も認めてほしい」という意見も多くあるようです。

ネットでは「残業好き」がトレンドに入るほど注目を集めています。

残業が好きだという方の理由は「仕事がしたい」というだけでなく、様々な理由があるようです。

残業代が減ってしまう

残業好き

「残業するくらいに仕事が好き?」という人だけではなく「残業代がほしいから残業する」という人も多くいます。

もともとの基本給が少ないから残業して手当を増やさないと生活できないという意見もあります。

「残業代が出ないなら残業しない」という意見が多く見られました。

残業好きじゃなく、帰れないだけ

残業好き

残業を好きでやっているわけではなく、単純に帰れないだけという意見もたくさんありました。

  • 仕事量が多い
  • 定時間際に仕事を振られる
  • 定時内にダラダラ仕事をしている人がいる

「働き方改革」をもっと進めてほしい、自分の会社にも浸透させてほしいという意見が多いようです。

「残業が当たり前」という上司世代と「定時で帰りたい」「残業は悪」と考えている若い世代との意識のギャップが見られました。

上司が残業してるから自分は帰れない…という思いをしてる人も多いことでしょう。。。

残業してる俺ってスゴい?

残業好き

残業することに対して優越感を覚える仕事人もいました。

実際に僕の周りにも「残業してまで仕事頑張ってる俺ってスゴい」と思っている同僚がいます。

残業好きの定義は色々?

がぞう

「残業好き」という言葉がトレンドに上がりましたが、言葉の受け取り方も色々ですよね。

残業好きには

  • 仕事が好き
  • 残業代が好き
  • 残業している自分が好き

という意味合いが込められていることが分かります。

人それぞれ意見があるので、残業したい人は残業して、帰りたい人は定時ダッシュできる職場がいいですね。

でも、帰りたくても仕事量が減らなくて残業せざるをえない環境も多いのがリアルな現状。(でも働き方改革で帰れと言われる)

「残業好き」が今後も議論になりそうですね。