徳勝龍・父親の隣のヤクルト男は他人だった!各地で映り込む画像もw

ヤクルト男

徳勝龍が優勝を決めた映像が流れたパブリックビューイングで、父親の隣でヤクルトのユニフォームを着て目立っていた男。

徳勝龍の親族かと思いきや、実は赤の他人だった事が分かりました!

徳勝龍を応援する父親の隣にいるヤクルト男とは?

ヤクルト男

大相撲初場所で幕尻の西前頭17枚目の徳勝龍(33)が14勝1敗で初優勝を飾った。

引用元:毎日新聞

奈良県出身の力士としては98年ぶりの優勝となりました。

千秋楽で優勝のかかる取組では、地元・奈良市役所ではパブリックビューイングを見ながら徳勝龍の父親や家族、地元の人々が応援する様子がニュースにもなりました。

貴景勝に見事勝利し、優勝が決まった瞬間に飛び上がって喜ぶ父親の姿が印象的ですが、それよりも目立っていたのが隣りにいる黄緑色の野球ユニフォームを着た男性。

その後の、父親のインタビューでもしっかりと隣にいて一緒に喜ぶ姿から「親戚の人なのかな〜?」と思っていました。

気になって調べてみると…

赤の他人だったことが分かったんです!!

他の場所でも映り込む目立ちたがり男だったw

ヤクルト男

父親よりも目立ってしまうヤクルト男が気になった人はかなりいたようです。

その一方で「またアイツかよ!」「どこでも映り込んできてウザい!」などという声も見かけました。

三重県在住の会社員・一般男性で51歳ということが分かりました。

さらに調べてみると各地で目立つ格好をしてテレビに映り込んでいることが分かりましたw

巨人・DeNA戦でサッカーユニフォーム

ヤクルト男

2016年のプロ野球クライマックスシリーズで、バックネット裏で映り込む様子がありました。

ここでは野球のユニフォームではなく、サッカー日本代表のキーパーのユニフォームを着ています…汗

アタくん
蛍光色が好きなんやなw

サッカーユニフォームで映り込み

ヤクルト男

サッカー日本代表が帰国した時には空港で出待ちをして最前列で目立っている様子も映されていました。

ヤクルト男

さらに、球場で行われていたサッカーのパブリックビューイングでは、またも最前列で映り込む様子が残っています。

どの状況でも目立つ格好をして最前列にいるのが特徴的ですね…汗

ノーベル文学賞の発表会でヤクルト男

ヤクルト男

2019年10月のノーベル文学賞が発表される際、授賞式のライブ中継を行った紀伊國屋書店にもヤクルト男は登場しました。

この時は、ノーベル文学賞候補にあがった村上春樹がヤクルトスワローズのファンということもあってヤクルトのユニフォーム姿でした。

ハルキストだと思われる1人がモニターに向かって歩いてきた。報道陣が一斉に詰め寄る。

取材に応じた会社員、増井孝充さん(51)は、「『今年こそ!』という思いです。

今回は2作品が選ばれるのでチャンスはあると思っています」と話した。

引用元:AERA dot.

自分から報道陣の近くまで寄ってくるところが目立ちたがりな性格であることが分かります。

もし、村上春樹がノーベル文学賞を受賞していたら最前列で喜ぶヤクルト男の姿が映し出されていたことでしょう笑

ヤクルト男に対するネットの反応

ヤクルト男

徳勝龍の父親のインタビューでは、父親よりも目立っていたヤクルト男。

ネットでは「あの人誰なの?」と話題になっています。

また、すでに「またアイツがいるよ!」とウンザリしている声も聞かれました。

さらに、主役の徳勝龍や家族よりも蛍光色のヤクルト男が目立っていることに対して「ウザい」「邪魔」と思った人も多かったようですw

これからも積極的に映り込んでくることが予想されますね。

スポーツ関連のパブリックビューイングに多いことが分かりますので、東京オリンピック時期に頻繁に登場するかもしれないですねwww