皇后陛下の馬アレルギーは嘘のデマ報道?雅子様の餌付け動画で発覚!

馬と触れ合う皇后陛下

令和元年10月に両陛下即位に伴い、伊勢神宮などへ参拝されることが発表されました。

その発表の中で、気になったのは「伊勢神宮参拝で皇后様のみ馬アレルギーのため、自動車で移動される」という内容。

以前から、馬と触れ合う姿があった気がするけど…?

アタくん
ネットなどでも「馬アレルギーは嘘だ!」と炎上してるね。

皇后陛下のみ馬アレルギーで車移動?

馬車

両陛下は今月22日の即位礼正殿の儀や、来月14日と15日の大嘗祭など、即位に伴う儀式に臨まれる。来月21日からは三重県を訪れ、天照大神をまつる伊勢神宮を参拝されるという。

平成の際は、上皇ご夫妻は馬車で移動されたが、皇后さまは馬に対するアレルギーがあるため、皇后さまのみ自動車で移動されるという。

引用元:日テレNEWS24

約30年前、平成になった際には馬車での移動だったが、今回は天皇陛下は馬車で移動し、皇后陛下は車で移動するということらしい。

しかしながら、皇后陛下がまだ皇太子妃でいらした頃に馬と触れ合う姿は何度も確認されています。

皇后陛下の馬アレルギーは嘘?デマ?

馬と触れ合う皇后陛下

過去に雅子様は何度も馬と触れ合う姿があります。

それなのに、馬アレルギーで馬車に乗ることが出来ないというのはどういうことなのでしょうか?

移動中の雅子様

皇后が馬アレルギーだったという第一報があった後、実はご結婚前から馬アレルギーをお持ちだったことが報じられています。

「雅子さまは、ご結婚前から馬アレルギーをお持ちだったそうです。
それでも動物好きの雅子さまは馬に対しても愛情をお持ちで、特に幼少期の愛子さまには馬と触れ合う時間を持たせたかったのでしょう。
馬に近づく前にはアレルギー薬をのまれ、マスクを二重にしてつけられるなど、万全の対策を取られていたそうです。それも、国民に心配をかけないように行われてきました」(宮内庁関係者)

引用元:ライブドアニュース

以前は、薬を飲むことでアレルギー反応を和らげることができていたけど、だんだんと症状がひどくなってきているということでしょうか。。。心配ですね泣

伊勢神宮の「親謁の儀」では、乗馬するわけではなく馬車に乗られる予定です。

馬に直接触れ合うよりも距離がある馬車であっても、症状が出る可能性があるという風に感じ取れます。

雅子様の体調を最優先させることが大事だと思います。

過去に馬と触れ合う皇后陛下

馬と触れ合う皇后陛下

平成9年には御料牧場で馬のアハージージュ号親子に餌をあげるシーンが動画で残っていました。

下の動画を再生すると該当のシーンから流れるようにしてあります。

4分24秒頃から雅子様が素手で馬を撫でるシーンが映っていますね。

雅子様と馬の距離も近いし、口元を素手で触っています。

馬と触れ合う皇后陛下

愛子さま誕生後にもご家族で馬と触れ合う姿があります。

馬と触れ合う皇后陛下

適応障害で治療されていた際には「ホースセラビー」といって乗馬をしながら心身を癒していらっしゃったそうです。

僕は医者でもなんでもないので、純粋に疑問なんです。

馬には触れるのに馬車には乗れないの?

動物と触れ合う皇后陛下

動物を触る雅子様

皇后陛下は馬だけでなく、他の動物とも触れ合う姿がいくつも残っています。

現在は、犬と猫を飼われているそうですね。

動物を飼う両陛下

動物全般がダメというわけではなく、馬のみにアレルギーがあるということなのでしょうか?

馬アレルギーは後天性?

馬車

もしかすると、以前は馬に触ることが出来ていたけど近年になって馬アレルギーが発症したのかもしれません。

ネットで調べることしか出来ないのですが「馬アレルギーと後天性に関連するもの」は見つけることが出来ませんでした。

[症状] ネコ、イヌなどの毛、ふけによるアレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)、結膜炎(目のかゆみ、涙、充血)、気管支ぜんそく(喘鳴〈ぜんめい〉、呼吸困難)、じんましん、アトピー性皮膚炎が頻度の高い症状です。

引用元:家庭の医学

馬アレルギーの方の体験談を見てみると、馬屋に近づくだけで鼻がムズムズしてきてクシャミが止まらなくなるそうです。

雅子様は馬アレルギーを持っていて、馬と触れ合う際には都度お薬などで抑えていたということでしょうか。

そうであったのなら、伊勢神宮での移動の時にも薬を飲んで症状を抑えることはできないのかな…?

馬車での移動にこだわっているわけではないんですが、今まで馬と触れ合ってたのに急に馬アレルギーになったのかな〜?と疑問です。

関連記事