【ドラフト】高部瑛斗の弟・晴斗はどんな病気?兄弟の約束が泣ける!

ドラフトの高部瑛斗

2019年ドラフト会議にて国士舘大学の高部瑛斗がプロ入りする予定です。

大学野球では安打製造機と呼ばれ、活躍を見せた高部瑛斗ですが、実は弟さんを病気で亡くした過去があります。

その弟・晴斗さんの病気や、兄弟で交わした約束についてご紹介します。


高部瑛斗のプロフィール

ドラフトの高部瑛斗
高部瑛斗のプロフィール
  • 名前:高部瑛斗(たかべあきと)
  • 生年月日:1997年12月11日
  • 身長:178センチ
  • 体重:72キロ
  • 大学:国士舘大学
  • 高校:東海大甲府
  • 中学:越生ボーイズ(毛呂山町毛呂山中学校)
  • 小学:鶴ヶ島エンゼルス

50メートル走が5.8秒と足も速く、レフトにもライトにも打ち分ける広角打法が魅力です。

その実力は「大学球界屈指の安打製造機」と呼ばれ、プロ野球界での活躍が大いに期待される逸材です。

ドラフトの高部瑛斗

高部瑛斗自身の才能もあるでしょうが、血のにじむような努力があってこその実力だと言われています。

プロ入りを目指し、亡き弟さんとの約束を果たすために努力を重ねたそうです。

高部瑛斗の弟が患った病気とは?

野球

高部瑛斗には年の近い弟(晴斗)がいました。

高部瑛斗が東海大甲府2年生の冬、当時中学生だった弟が病院に緊急搬送されます。

病名は「急性白血病」。

血液のガンとも言われる病を発症し、そのまま入院生活となりました。

高部瑛斗と弟の約束とは

ドラフトの高部瑛斗

無菌室で白血病と戦う弟を見ながら、自分も奮起し野球練習に励んだそうです。

ある日、弟・晴斗から「またお兄ちゃんが野球するとこ見たいなぁ」とお願いされたそうです。

病院の外には出ることが出来ない弟ですが「自分がプロ野球選手になれば、テレビで観せられる」と高部瑛斗をプロ入りを決意したそうです。

甲子園で野球している姿を見せる

ドラフトの高部瑛斗

高校3年生のとき、高部瑛斗は夏の甲子園に出場しました。

残念ながら3回戦敗退となりましたが、弟に野球している姿を見せるという約束を一つ果たします。

アタくん
あの清宮選手と対決した試合で負けてしまったで

次はプロ野球で天国から観戦

ドラフトの高部瑛斗

その後、弟・晴斗さんは16歳の若さでお亡くなりになりました。

それでも、高部瑛斗の野球に対する情熱は変わりませんでした。

「プロ野球入りして、弟に野球している姿を見せる」ためにドラフトでの入団を目指しました。

天国から見守る弟との約束を果たすために!

ドラフト・高部瑛斗を応援したい!

野球

僕は兄を亡くした経験があります。

それまでは天国だとか、どこかで見守ってるとか信じていませんでした。

でも、自分が挫けそうになった時にふと兄のことを思い出します。

野球

高部瑛斗と弟の約束ほど強い絆や動機はなかった(汗)ですが、見守ってくれているような気がします。

高部瑛斗も100%弟さんのためにプロ入りするというわけではないと思いますが、原動力になったことは間違いないですよね。

日本人ってこういう人情ドラマに弱いですよね。僕もすっかりやられてしまいました泣

プロ入り後も高部瑛斗を応援していきましょう!