出水中央高校サッカー・監督が体罰で懲戒処分?過去の暴力問題も発覚

サッカー

出水中央高校サッカー部の監督による体罰動画が問題になっています。

2019年10月8日に撮影された動画は瞬く間にネットで拡散されました。

暴力を振るった監督(男性教諭)はどのような処分を受けるのでしょうか?


出水中央高校サッカー部の体罰動画が拡散

出水中央高校サッカー部の体罰

鹿児島県出水市にある出水中央高校サッカー部の監督を務める男性教諭が、練習中に部員の生徒を蹴ったりほおをたたいたりしたことが分かりました。

引用元:NHKニュース

TikTokに動画がアップされ、一気に拡散されたこの体罰問題。

出水中央高校もサッカー部の監督が暴力を振るったことを認めています。

サッカー部監督は42歳の男性教諭。

すでにネットでは特定されていますが、真偽がハッキリしないため名前などは控えます。

試合形式での練習中に起こった体罰。

サッカー経験者が選手の足を蹴るという行為自体、にわかに信じることが出来ません。

騒動を知った学校側は、動画を削除するよう要請したようですが、すでに広く拡散されていて後の祭りでした。

過去にも体罰で注意されていた

出水中央高校サッカー部の体罰

実は、今回の体罰が初めてではありません。

NHKの報道では、この男性教諭は9月にもサッカー部の別の選手に体罰を振るっているようです。

喉のあたりを平手打ちして、出水中央高校の校長から注意を受けていました。

それにもかかわらず、今回の体罰騒動が起こっています。

出水中央高校サッカー部の体罰

真偽は曖昧ですが、出水中央高校は体罰を黙認しているというコメントも見受けられます。

動画内では他の生徒が止める様子が見られないことから、体罰も常習化していたのではないかと思ってしまいますよね。

サッカー部監督の処分はどうなる?

サッカー

少なくとも2回の暴力が明らかになっている出水中央サッカー部の監督。

「素直に話を聞かないので、言ってもダメだと。手を出してはいけないのは分かっていたけど、出してしまった」と話しているようです。

動画を見る限り、指導とは思えないような勢いで蹴る・殴るの暴力を振るっています。

監督は懲戒処分される?

出水中央高校サッカー部

教師に対する懲戒処分には

  1. 戒告
  2. 減給
  3. 停職
  4. 免職

があります。

一番重い処分は、4番目の「免職(懲戒免職)」。要はクビってことです。

うなだれる

10月10日時点では「出水中央高校は処分を検討する」としています。

たとえ懲戒免職にならなくとも、これだけ動画が拡散されて特定されていては学校で指導し続けることは難しいのではないかと思います。

全国ニュースにも取り上げられてしまっているので、精神的にも学校に行くことが出来ないかもしれません。

傷害罪にあたる可能性も

サッカー

格闘技のローキックのように激しく蹴り、大人の体格である高校生が倒れるほどの平手打ちです。

街を歩いていてあの暴力を振るわれたら、傷害罪と言われても文句は言えないですよね。。。

報道では、体罰を受けた生徒はいつも通りに登校できているようです。特に怪我があるとは言われていません。

生徒からすると「いつも受けている体罰」なので、殴られるのは嫌だけどそういう監督だから、と諦めているのかもしれません。

YouTubeではサッカーの体罰について、弁護士による法的な解説をしている動画もありました。

ネットでは元日本代表も拡散する騒動に

ツイッターでは、元サッカー日本代表の戸田和幸も体罰動画をリツイートし批判しています。

戸田和幸

10月7日に自身のブログで体罰についての思いを語っていただけに、残念な気持ちだったことでしょう。

また、サッカー好きで有名なタレントのJOYもリツイートし、体罰騒動を批判しています。

JOY

他にも、ネットでは様々な意見があります。内容はほぼ体罰を批判するものです。

殴られた生徒の行いが悪かったんじゃ?」という指摘もありますが、それでも手を出す必要はないと思います。

話を聞かないから体罰した、というなら監督自身の指導能力が足りなかったとも言えますね。