R1ぐらんぷりの笑い声に違和感!無観客のネタ披露で芸人滑りまくり?

r1

R1ぐらんぷり2020が開催されましたが、新型コロナウィルスの影響により観客のいない「無観客状態」で決勝戦がありました。

無観客なので大きな笑い声はなく、静まり返ったスタジオでのネタ披露とあって視聴者も「どこが面白いのか分からない」という声が集まっています。

R1ぐらんぷりの笑い声はスタッフの声?

r1ぐらんぷり2020

R1ぐらんぷり2020の決勝戦は観客をいれず、スタジオには審査員とスタッフがいるだけという状況でネタが披露されています。

テレビに流れている笑い声は、会場にいるスタッフと審査員のものです。

会場を盛り上げようという気持ちが伝わってくるので、スタッフの笑い声も過剰になっているような気がします。

観客の笑い声がないと面白くない?

R1無観客

2019年のR1グランプリは観客の笑い声が邪魔でネタの面白さが分からなかったという批判が相次ぎました。

しかし、2020年は笑い声が無いせいで「面白いのか分からない」「滑ってる気がする」という意見が相次いでいます。

スタッフの笑い声がわざとらしく感じてしまったり、面白いネタなのかどうかが分かりにくいと指標になるものがないので見づらく感じるのかもしれません。

勝俣州和の笑い声がうるさい、という声

勝俣

スタッフの笑い声とは別に、審査員である勝俣州和の笑い声が大きく聞こえるときがあります。

面白いのであれば笑っても仕方ないのですが、無観客という状況では勝俣州和の笑い声はひときわ大きく聞こえます。

勝俣州和のキャラもあって、わざと大きな声で笑っているんじゃないかと感じる人も多いようですね。