Mattが気持ち悪すぎる2つの理由!画像加工しすぎて人間に見えない?

白塗りメイクのMatt

Matt(マット)がテレビに出始めて数年経ちますが、一度落ち着いたかと思った「Mattが気持ち悪い」という声が再び話題になっています。

白塗りで人形のような加工をされた見た目に違和感を覚える人も多いようで、「加工しすぎ」という声が増えています。

この記事では、Mattが気持ち悪いと言われる理由やネットの声をご紹介していきます。


Mattの白塗りメイクに「やりすぎ」の声

白塗りメイクのMatt

「画像加工に対しては“やりすぎ”という声が根強く、彼が写真を公開するたびに“理解できない”“怖い”といった反応があります。また業界内でも、スタッフには礼儀正しいのに、芸人に対しては“タメ口”だと陰口を叩く人がいるようです」

引用元:週刊ポストセブン

白塗りメイクで他の追随を許さないほどの圧倒的な存在感を誇るMatt。芸能界では「自分もMatt加工されたい」と願う有名人も多いようです。

白い顔に大きな目、小顔矯正された輪郭などいわゆる「Matt加工」は世間的にも話題になりました。

しかし、そんな画像加工に対して「やりすぎ」だという声も多く聞かれるのが事実。

白塗りメイクのMatt

バラエティや音楽番組に引っ張りだこの裏で「やっぱりMattは気持ち悪い」と思っている人はいるんです。

批判的な声のほとんどがMattの人格を否定する声ではなく、加工しすぎという声が多いようですね。

Mattのプロフィール

白塗りメイクのMatt
ラベル名
  • 本名:桑田将司(くわたまさし)
  • 生年月日:1994年7月18日
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 血液型:A型
  • 身長:181センチ

父親が元プロ野球選手の桑田真澄ということは有名な話ですが、今や二世タレントという七光りな活躍はなく「Matt」として世間に認知されています。

Matt加工のせいで、何をやっている人なのか分かりにくいですが、本人は音楽活動をやっていきたいという思いがあるようです。

父・桑田真澄が肘のリハビリのために始めたピアノの影響を受けて、音楽を始めています。

2019年の紅白歌合戦に出場するなど、音楽番組でもピアノを披露する機会も増えています。

さらに、歌声も素晴らしいと評判でSNSでアップされた歌は拡散され話題になりました。

Mattが気持ち悪すぎると言われる理由

白塗りメイクのMatt

多彩な才能を見せるMattですが、やはり歌やピアノよりも見た目のメイクや画像加工に注目されることが多いです。

日本人では見かけないほどの色の白さと、目元や眉などメイクに違和感を覚える人もたくさんいます。

Matt加工にも見慣れたという声もありつつ、やっぱり「違和感を覚える」という意見は消えないようですね。

では、Mattを「気持ち悪い」と思ってしまうのはなぜなのでしょうか?

加工のやりすぎで人間味を感じない

白塗りメイクのMatt

Mattを気持ち悪いと思ってしまう理由の一つに「メイク・加工のやりすぎ」という声が多いです。

  • 色が白すぎて人形のように感じてしまう
  • やりすぎたメイクが異世界の人のように思える
  • ヘビメタのメイクとは違い、ただのメイクと思っている感じが怖い
  • 顔の作りに違和感を感じる

という風に「見た目に違和感を感じる」という声が多いです。

Matt本人が整形を否定していますが、眉毛などは本来ある位置からメイクでかなり変えているようです。

白塗りメイクのMatt

また、画像加工(Matt加工)された顔は輪郭が不自然すぎるほどに削れているので人間じゃなく見えてしまうという声もあります。

例えば、デーモン小暮などのように明らかにメイクだよと認識できれば良いのですが、Mattの場合はメイクの延長というイメージなので違和感が出るのかも知れません。

Mattを擁護する声に気持ち悪さを感じる

白塗りメイクのMattと城田優

世間的にはMattの白塗りメイクや加工を評価する声の方が多く取り上げられます。

便乗してMatt加工する芸能人も多くいて、世間の大きな反響があるんだと思います。

そんなMatt(やMatt加工)を批判するような声があると、その批判に対して「心が狭い!」と批判する声もあります。

Matt(やMatt加工)を批判

批判するなんて最低という声や風潮(Matt擁護)

擁護している声を「気持ち悪すぎ」と感じる声

Matt批判を擁護する声を「気持ち悪い」と感じている人もいるようです。

人それぞれ意見なあるものなのに「Mattが気持ち悪い」と言ってはいけないという風潮に対して「気持ち悪いな…」と感じているわけですね。

Mattの人間性を否定しているわけではなく、メイクの仕方が気持ち悪いと言っているのが印象的でした。

「気持ち悪すぎ」批判に対するMattのコメント

白塗りメイクのMattと渡辺直美

2019年3月にMattがインスタライブを開催した際に、執拗に「気持ち悪い」という旨のコメントを寄せるアンチがいました。

「気持ち悪い」では済まされない罵倒するようなコメントもありました。

Mattファンはその意見に対して「通報しました」「みんな通報しましょう」と言った反応をしたのですが、Matt本人は「通報しなくていいよ。傷ついてもないから」とやんわり制止しました。

続けて、「こんなこと(批判コメント)言いながらずっと見てるっていうのは興味があるってことだろうし」と優しく返しました。

白塗りメイクのMattと桑田真澄

「自分らしさを大切にしたい」というポリシーを持っているMatt。

「気持ち悪い」という批判に対しても「自分は自分だから関係ない」という強い意志を持っているんだろうと感じます。

ワイモバイルのCMでは父親の桑田真澄が「Matt、お前の道を行け」と語りかけるシーンがありました。

Matt自身は世間の「気持ち悪い」という批判も気にせず、メイクや画像加工をやっていくんだと思います。