マスク30万枚がある中国人自宅は埼玉のどこ?今後の配布予定はいつ?

マスク30万枚

埼玉県の民家でマスク30万枚が野晒しになって置かれているというニュースが出てきました。

新型コロナウイルスの影響で日本からマスクが消えている今、マスク30万枚が無駄になってしまった可能性があるとして話題になっています。

野晒しになっている段ボール箱のマスクは埼玉県のどこにあるのか、今後どうなるのかを調べました。

埼玉県の民家でマスク30万枚が野ざらしに

画像引用元:smartFLASH

「ここ最近、一軒家の玄関先に、『不織布マスク』と書かれた段ボール箱が山積みにされているんです」(近隣住民)

引用元:smartFLASH

埼玉県の一軒家の玄関先にマスクの段ボール箱が山積みにされたままになっていることが報道によって明らかになりました。

日本各地でマスク不足が深刻化する中、30万枚ものマスクが野晒しになってしまっているというニュースに世間からも様々な声が上がっています。

マスクが入った段ボール箱は薄いブルーシートがかけられているだけで、雨や湿気が染み込んでいてもおかしくはありません。

マスク30万枚ある民家は埼玉のどこ?

埼玉県の地図

報道によると、埼玉県西部の住宅街にある一軒家と言われています。

埼玉県庁のホームページで調べてみると、以下のような情報が出てきました。

埼玉県西部
  • 所沢市
  • 飯能市
  • 狭山市
  • 入間市
  • 日高市

かなり広い範囲になりますが、この地域のどこかに30万枚のマスクが放置されていることになります。

住宅街という情報がありますので、上記地域でもベッドタウンと呼ばれる地域にあるのかもしれません。

また、埼玉県内でもチャイナタウンと言われる川口市は「埼玉県南部」になります。

※情報が分かり次第、追記していきます。

マスク30万枚は配布されるの?

新型コロナウイルスを予防

「すぐに倉庫に移します。これからもっと、日本でマスクが必要になると思うので、どこかで配布しようと思います。転売するつもりは、ないです」

引用元:smartFLASH

もともとは故郷・中国の家族や村民に送ろうと思って購入したようですが、状況が変わり必要がなくなってしまったそうです。

だから、そのまま屋外に放置してしまうという状況になったようですね。

山積みされた段ボール箱に入っているマスクを転売する予定はないようで、どこかで配布しようと考えているようです。

ただ、現時点ではどこでどのように配布されるかは定かではありません。

マスク30万枚に対するネットの声は?

新型ウイルス

これだけマスク不足が叫ばれている状況なので、ネットでは様々な意見があがっています。

「ぜひ配布してほしい!」という声もあれば「野晒しになったマスクは使えないだろ」という批判的な意見もあります。

 

野晒しになったダンボール内のマスクがどんな状況なのかは不明です。

ただ、一度濡れてしまっているとしたら衛生状態は悪くなっていると思われます。

通常であれば、雨に濡れたマスクは販売することもできない状態でしょう。

「濡れたまま放置されていたとしたらカビが生えてるんじゃ…?」と心配する人も出てきていました。