【新型コロナ】中国の2020年・春節はいつまで?2月の外出は大丈夫?

マスクがない

新型コロナウィルスが世界を震撼させています。

中国では大型連休の春節休みが始まっており、観光客がたくさん来日してきています。

この記事では、中国の2020年・春節はいつまでなのか、2月の外出は大丈夫なのかについてご紹介していきます。


2020年の中国の春節休みはいつまで?

2020年の春節の休みは以下の通り。

2020年1月24日(金)から1月30日(木)まで

2月2日まで延長されました。

中国全土では春節の休み期間中に30億人近くの人が動くと言われています。

日本で言うゴールデンウィークのような大型連休なので、春節期間に海外への旅行者も多く、行き先の人気トップは日本です。

新型コロナウィルスの潜伏期間は?

感染してから症状が出るまでの潜伏期間について、中国の保健当局の専門家は平均で7日前後で、2日から12日程度だとしています。

引用元:NHK NEWS WEB

NHKによると新型コロナウィルスの潜伏期間は平均で7日前後と言われています。

早くて2日で発症する人もいれば、12日の潜伏期間だった人もいるようです。

※情報は逐一変わる可能性があります。2020年1月24日時点での報道です。

潜伏期間中に日本へ来る可能性も

新型コロナウィルス

中国からの旅行者全てが新型コロナウィルスに感染しているわけではありません。

しかし、パッと目で見て感染の有無を判断できるわけではないことも事実。

武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関を受診していただきますよう、御協力をお願いします。

なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。

引用元:関西国際空港

どこまで水際対策がなされるのか、どこまで有効なのかということには疑問が残ります。

新型コロナウィルス潜伏期間中に日本へ入国し、滞在中に日本各地で発症するという事態も考えられます。

春節休み後の2月も注意が必要

中国人のマスク事情

来日した中国人観光客の多くはマスクをしていないという報道もありました。

空港ではマスクをしているけど、市街地に行くとマスクをしていない日本人も多いのでマスクは外してしまうそうです。

中国人のマスク事情

もしも、新型コロナウィルスに感染している人が来日していて、マスクをせずに日本観光。

その際に接客した日本人が感染していて、春節後に発症し始めるということも考えられます。

春節休みの1月30日が過ぎたからといって安心というわけではないですよね。

マスクがない

しかも、春節休みで来日した中国人観光客は品質の良い日本製のマスクを爆買いして帰ります。

日本で感染者が出始める頃には、お店にマスクがないということもあり得るんです。

恐怖を煽ろうという目的はありませんが、自分の身は自分で守らないと行けないですね…。