上沼恵美子のCD告知に批判殺到!M−1審査の私物化だとネット炎上!

上沼恵美子のM-1

M-1グランプリ2019年が開催され、昨年も色々と話題になった審査員・上沼恵美子の去就に注目が集まっています。

そんな中で、ニューヨークの漫才の審査中に上沼恵美子が「CD」の宣伝をしたことに批判が集まっています。


上沼恵美子が急にCD告知!

上沼恵美子のM-1

M-1決勝の一組目、ニューヨークの漫才が終わった後の評価の際に「歌といえばこんなCDが発売されてます」と急に自分のCD告知を始めたのです。

笑いに変わったとはいえ、真剣に漫才を披露している場面でそんなことをしていいのか、と批判的な意見が集まっています。

M-1で紹介された上沼恵美子のCDとは

上沼恵美子のCD

こちらが書き下ろしとしては10年ぶりのCDとなった1枚「時のしおり」という作品です。

こちらのリンクから詳しく見ていただくこともできますので、ご興味のある方は見てみられてはいかがでしょうか?

審査員・上沼恵美子に対するネットの声

上沼恵美子のM-1

2018年はM-1決勝の後に、とろサーモン久保田などがインスタで上沼恵美子の批判をしたことで大炎上することとなりました。

上沼恵美子の審査に対して懐疑的な意見が集まっている中で、今回のCD告知となっただけにネットでも話題になっています。

やはり、漫才をしているコンビに対して「失礼だ!」という声が相次いでいます。

上沼恵美子がM-1を私物化してる?

上沼恵美子のM-1

さらに「かまいたち」の漫才後には「グランプリだ!」「快傑えみちゃんねるにも出演してもらう!」と発言したことについて「やっぱり私物化してる」という声が噴出しています。

それだけ、かまいたちが面白かったという裏返しでもあるのですが見ている側にとってはそう思えない部分もあったのでしょう。

ただ「それでこそ上沼恵美子だ!」という声も多くあります。

毎年のように炎上する上沼恵美子ですが、どのような影響をもたらすのか注目されます!