ゴーンの脱出ゲームのダウンロードはどこから?スマホ版はある?

ゴーンがゲーム化

カルロス・ゴーンの関西空港からレバノン脱出劇がパロディ化されて、ゲームになりました!

主人公の名前はロスカル・ゴン。

2600億円を使った脱出ゲームをプレイしてみたい方に向けて、ダウンロードサイトなど調べてみました!


カルロス・ゴーンの日本脱出劇がゲーム化w

カルロス・ゴーンの嫁キャロル

2019年末、渡航禁止の条件つきで保釈中だったカルロス・ゴーン被告が日本からレバノンへ脱走したことが世界に衝撃を与えました。

この話題に便乗する形で、カルロス・ゴーンの脱出劇をモデルにしたと思われるゲームが発売されることになりました!

ゲームの名前は「Ghone is gone」(ゴーンは行ってしまった)というタイトルで発売予定です。

気になる「Ghone is gone」のダウンロードサイトやゲーム内容についてご紹介していきます。

ゴーンの脱出ゲームのダウンロードサイトはどこ?

ゴーンがゲーム化

「Ghone is gone」はSteamというサイトからプレイができるようです。

詳細は分かっていませんが、Steamから配信されている他ゲームはONLINE上でプレイすることが可能なようです。

「Ghone is gone」もダウンロードするのではなく、Steamサイトを通じてプレイ可能となるのかもしれません。

下記のバナーからウィッシュリストに追加するとリリースの通知が届くようになります。

配信日は2020年1月23日となっており、ゲーム価格は表示がありませんでした。

無料プレイできるコンテンツも多いので、おそらく無料プレイが可能なのかもしれませんね!

スマホで脱出ゲームをプレイできる?

ゴーンがゲーム化

残念ながら、スマホでのプレイは対応不可となっています。

Windows7以降のOSで対応していて、macだとOS X以降で対応できるようです。(mac版は詳細表記がないため、ちょっと不安…)

パソコンだけでしかできないようなので、残念です。

スマホ版が出れば、学生を中心に爆発的な人気ゲームになりそうなんですけどね!

Ghone is goneはどんなゲーム?

ゴーンがゲーム化

ルソー・ニッソン・ビシビシ企業連合の元CEO・ロスカル・ゴン。仮保釈されたものの、24時間監視され続け、僅かな隙をついて、迫りくる敵から逃れ、楽器箱に身を隠しながら、西関空港を目指し、ノンレバ国へ脱出せよ!!

引用元:Steam

主人公の名前がロスカル・ゴンwww

楽器箱に身を隠しながら、西関空港を目指し、ノンレバ国へ脱出するというストーリーです。

警察や元ニッソン社員などヒットマンをお金で買収したり、楽器箱に身を隠しながら空港を目指していきます。

ゲーム開始時にロスカル・ゴンは2600億円の資産を持っていて、敵にお金を投げつけることで買収できるようです。

ゲームクリア時にどれだけ資産が残っているかでスコアポイントが決まります。

このゲームはフィクションです。実在の人物・団体・国家・施設とは無関係です。

こんな注意書きがわざとらしくも思えますねwww