【どぶろっく】下ネタでの優勝に批判で炎上!審査員の評価がおかしい?

どぶろっく優勝

キングオブコント2019はどぶろっくが優勝しました。

しかし、1回目・2回目ともに下ネタでの優勝だったために「おかしい!」と批判が多く炎上しています

どぶろっくの優勝についてネットの声を賛否両論まとめてみました。


キングオブコントはどぶろっくが優勝!

どぶろっく優勝

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』決勝戦が21日、東京・赤坂のTBSで行われ、コンビ結成16年目のどぶろっくが12代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得した。

引用元:ライブドアニュース

どぶろっくは「もしかしてだけど〜」で始まる下ネタが有名でしたが、今回もブレずに下ネタで攻めて優勝となりました。

しかし、歌ネタ・下ネタでの優勝だっただけに「納得できない」と思うファンも多いようです。 

2回とも下ネタでの優勝に批判?

どぶろっく優勝

1回目・2回目のネタともに「大きない◯もつ」を繰り返す歌ネタで大きな笑いを取ったどぶろっく。

審査員の5人も会場の観客の笑い声も一番大きかったように感じました。

しかし、下品なネタで笑いをとるというスタイルを受け入れられないお笑いファンも多くいたようです。

そもそも下ネタが嫌いなので、どぶろっくのネタも嫌いそれなのに優勝した。

そんなキングオブコントは面白くない、という意見が多く見受けられます。

どぶろっく自身もフザケて下ネタをやったのではなく、真剣に下ネタで勝負したんですよね。

ネタに対する好き嫌いはどうしても噴出すると思いますが。

アタくん
空気階段が優勝したらシュール過ぎて面白くないとか言われるんやろな。

審査員の評価に批判の声

松本人志

今回キングオブコント2019の審査員は以下の5人が務めました。

  • 松本人志
  • さまぁ~ず大竹
  • さまぁ~ず三村
  • バナナマン日村
  • バナナマン設楽

第一線から退いて現場でネタをやっていない奴らが審査なんかするな、という批判が相次いでいるようです。

「お前が言うな」という審査員への批判はM-1グランプリでも同じように毎回ありますよね。

今回のネタ中は審査員の後ろの女性もめっちゃ笑ってたように見えたけどな。笑い声も一番大きかったはず。

会場とテレビの前とではウケる空気が違うんでしょうね。。。

好みは人それぞれですが、どぶろっくは適当に下ネタを2回もやったわけではないと思います。

純粋に下ネタしかないという…汗

どぶろっくが面白かったという声も多数

まつこ

もちろん「どぶろっくが面白かった!」という声も多くあります。

子どもが歌を真似して困るw」という声もたくさんありましたwww

確かに「いち◯つ」が何なのかを説明しないといけないですし、外で歌われたら赤っ恥ですよね!汗

僕はお笑い芸人でもなんでもない素人です。

でも、あの決勝の舞台に生半可な気持ちで立っていた者はなく、そこに立つために苦しみぬいてきた者ばかりだということは分かります。

あの大舞台で下ネタをやれば批判の声が上がることは承知の上で、2回とも下ネタで勝負したんですよね。

どぶろっく優勝

僕は「かが屋」のネタが好きでした。

でも、一番笑ったのは「どぶろっく」のネタでした。

多分、来月同じように決勝戦をやったら違う結果になるかもしれません。

その時、一番面白かった芸人が優勝するキングオブコント。

会場も審査員も味方につけたどぶろっくの勝利だったのではないでしょうか。

芸人・かが屋の加賀翔

かが屋・加賀翔が性格イケメン過ぎ!インスタ写真に人間性が溢れてる

2019-09-21