【新型コロナ】今ディズニー行って大丈夫?中国人はどれくらい来てる?

春節のディズニー

新型コロナウイルスの日本人の感染者がどんどん増えてきています。

休日や家族旅行、卒業旅行でディズニーランド&シーに行く予定の方も多いと思います。

でも、新型コロナウイルスが蔓延しているから悩んでしまいますよね。

注意
中国人観光客の全員が新型コロナウイルスに感染しているわけではありません。中国の方を差別する意図はありません。

新型コロナウイルスの脅威から、自分の身は自分で守ろうという意図で記事作成しております。


ディズニーランド&シーに行っても大丈夫?

春節のディズニー

ディズニーランドに行って、100%大丈夫という安心はありません。感染するリスクはあります。

しかし、新型コロナウイルスの感染リスクだけでなくインフルエンザなど他の病気をもらってくる心配だってあります

大阪に住んでいる僕にとっては、ディズニーランドは数ヶ月前から予定して体調を整えて万全の準備をしていくところ。

新型コロナウイルスは怖いけど、ディズニーホテルを予約してるから行くしかないという方も多いと思います。

春節のディズニー

東京近郊にお住まいの方や年パスを持っていて「ディズニーに行く時期をズラせるという方」は延期するのも賢明な判断だと思います。

でも「2月3日にしか行けない」「他にチャンスはない」という方は行くしかありません。

どうしてもディズニーに行くというなら、絶対に予防して楽しみましょう!

テーマパークで大事な予防方法は後ほど紹介しています。

ディズニーランド&シーに中国人は何人来る?

春節のディズニー

TDRを運営するオリエンタルランド社からは国別のデータは公表されてはいないものの、2014年に5%だった来客者の外国人比率は、2018年には10%に迫るまでになっており、1年間に300万人以上の外国人が来園していることが分かる。

引用元:論座

訪日来場者

出典:JNTO 日本政府観光局https://statistics.jnto.go.jp/graph/#graph–inbound–travelers–transition

2018年の外国人来場者数が300万人以上の来場者数があるようです。

さらに、訪日外国人の約34%が中国人(香港含む)のディズニー来場者数と仮定すると、年間102万人近くの中国人がディズニーに行っていると考えられます。(データからの試算です)

特に春節期間中のディズニーランドは平日は日本人の来場者は減り、中国人が増えると思われます。

2020年の春節期間:
1月24日(金)〜2月2日(日)

春節のディズニー

実際にディズニーに行っている方も中国人が多かったことを呟いていました。

新型コロナ感染は中国人だけじゃない

春節のディズニー

関西ではツアーバス運転手とバスガイドが新型コロナウィルスに感染していることが分かりました。

中国に行っていないけど、感染しています。

つまり、日本人であっても新型コロナウイルスに感染している人は多くいると考えてもおかしくはないでしょう。

新型コロナウイルスの潜伏期間は2日〜12日と言われています。

発症していなくても他の人に感染するようなので、元気な人でも新型コロナウイルスを保有している可能性はあります。

それでもディズニー行くなら絶対に予防しよう!

寒がる女子

ディズニーランドに行くことは「中国人が多いから」というだけでなく「人混みだから」という意味で、病気の感染が怖いです。

テーマパークだからこそ、注意しなくてはいけない点もあります。

マスクを着用して予防する

新型コロナウイルスを予防

新型コロナウイルス(だけでなくインフルエンザも)には飛沫感染、接触感染があります。

  • 飛沫感染→感染者から咳やクシャミで飛び散ったウイルスを吸い込む
  • 接触感染→感染者が触ったものを介してウイルスを取り込む

ということです。

マスクを着用することで、完全ではありませんが飛沫感染を予防することができます。

さらに、ウイルスを触った手で直接口や鼻を触ることを防ぐことができます。(接触感染も予防できる)

手洗いで予防する

新型コロナウイルスを予防

新型コロナウイルスに感染している人が手のひらでクシャミを受けて、手すりやドアノブに触ったとすると、その部位にウイルスが付着します。

そこに触ってしまい、口や鼻を触ってしまうとウイルスが体内に入ってしまう可能性があります。

食事をする前には、手洗いをして付着したウイルスを洗い流しましょう。

食べ歩きを避けよう!

春節のディズニー

チュロスやギョウザドッグなど、ディズニーに行ったらコレを食べなきゃというフードメニューは多いですよね。

でも、ウイルス感染を予防しようと思うなら「食べ歩き」は控えましょう。

食べ歩きをすることで、誰かのクシャミや咳が食べ物にかかってしまう可能性が高まります。

特に、手づかみで食べるフードメニューは歩きながら汚れた手を使って食べるということにもなりかねません。

新型コロナウイルスを予防

できるだけイートインできるレストランで食事するか、食事しなくても良い時間にパークインしましょう。

食べる前には手洗い・うがいで予防することを心がけましょうね!