阿炎はけん責処分で決定か?ネットでは休場や引退を危惧する声も!

阿炎

阿炎が投稿したインスタ動画の内容について相撲協会から処分が下るのではないかと言われています。

おおかたの予想では「譴責処分」が妥当ではないかと言われていますが、ネットでは引退危機という意見もあります。

阿炎の処分はどうなるのでしょうか?


阿炎と若元春がインスタ動画で炎上

阿炎が暴行?

2019年11月4日に力士の阿炎がインスタに投稿した動画(ストーリー)が話題になっています。

動画はすでに削除されていますが、視聴者によって保存された動画が拡散されています。

炎上の流れ

阿炎が若元春を縛った動画を投稿

不謹慎だ!と批判の声

若元春「僕たちは仲良くしてるだけです」と釈明

問題はそこじゃない、とさらに炎上

世間的には阿炎と若元春が仲が良いことへの理解はあるものの、このご時世にあの動画を公開することが理解できない・モラルに欠けると批判の声があがっているんですね。

炎上の流れや動画についての世間の声は、阿炎が若元春に拘束暴行で休場処分?インスタ動画にネット大炎上!にて詳しくまとめています。

阿炎が若元春を拘束

阿炎が若元春に拘束暴行で休場処分?インスタ動画にネット大炎上!

2019-11-04

阿炎の処分はどうなる?

阿炎

ツイッターなどでもかなり拡散されていて「阿炎」というワードがトレンド入りするほどです。

モラルを問う声が多く上がっていて、相撲協会も何らかの対応をしなければいけない状況になっています。

相撲協会の暴力根絶への取り組み

相撲協会

日本相撲協会は平成30年10月25日に「暴力決別宣言」を掲げています。

  1. 大相撲においては、指導名目その他、いかなる目的の、いかなる暴力も許さない。
  2. 暴力と決別する意識改革は、師匠・年寄が率先して行い、相撲部屋における暴力を根絶する。
  3. 協会は、全協会員の意識改革のため、内容の濃い研修を継続して行う。
  4. 協会は、暴力禁止規定を定め、暴力の定義、暴力が起きた時の報告義務、これを怠った場合の制裁、行為者を処分する手続きを明確にする。
  5. 暴力が起きた際には、広報を重んじ、必要な情報は迅速に開示する。
  6. 異なる部屋に所属する力士の間で、先輩・後輩を越えた上下関係や、指導・被指導の関係が形成されることを許容しない。
  7. 研修、手続きの運用、その他、再発防止策の実行とその後の検証については、外部有識者を交え、開かれた形で暴力との決別を遂行する。

引用元:公益財団法人日本相撲協会

一番最初に「いかなる暴力も許さない」と明記されています。

千賀ノ浦部屋の貴ノ富士が付け人を小突いたことで「引退勧告」を受けたことは記憶に新しいですね。

貴ノ富士は反省してる?
貴ノ富士は反省してる?

貴ノ富士は反省してない?引退拒否会見に「また暴行する」と批難殺到!

2019-09-27

貴ノ富士については以前にも事件を起こしていたこともあり、事実上の引退勧告という重い処分になりました。

今回の阿炎と若元春については日頃から交流があることは明白です。仲が良いことは角界の方が知っていることでしょう。

しかし、「暴力と決別」と宣言していて暴力排除の流れの中で「親方から注意しました」というだけでは済まされないでしょう。

けん責処分が妥当との声

阿炎と錣山

昨今の流れから見て、何らかの処分がくだされることが予想されます。

相撲協会が下す処分には7つの種類があります。

相撲協会の処分の種類
  1. 譴責(けんせき)
  2. 給与手当減額(減俸)
  3. 出場停止
  4. 番付降下
  5. 引退勧告
  6. 解雇
  7. 除名

※Wikipediaより

今回の場合は、仲良し同士の遊びということもあり情状酌量の余地はあると思います。

問題は「暴行ととられかねない動画を公開したこと」にあるでしょう。

ネットの声を見てみても「仲良しのじゃれ合いは分かるけど、処分は免れない」という意見が多いです。

世間は、厳重注意に相当する「けん責処分」が妥当ではないか、という見方です。

軽い処分にしてほしいという希望もありますが、相撲協会のメンツもありますもんね…。

自主的な休場(謹慎)もあり得る?

阿炎が暴行?

錣山部屋の判断によっては、自主的に九州場所を休場することも考えられます。

つまり「謹慎」ですね。

現在、小結の地位にある阿炎は休場すると平幕に陥落することになります。

かなりの痛手になることは間違いないですね…。

過去に横綱・白鳳も譴責処分に

白鳳のバンザイ

過去に譴責処分となった力士はたくさんいます。

あの横綱・白鳳も譴責処分を受けたことがあります。

2017年11月26日に優勝した際に「当時問題になっていた日馬富士と貴ノ岩を戻してあげたい、万歳三唱」の言動が問題視され「譴責処分」となりました。

さらに、2019年4月にも優勝インタビューで三本締めをして「譴責処分」となりました。

阿炎が暴行?

白鵬による万歳三唱も三本締めも会場は大盛りあがり(ネットでは批判殺到)でしたが、伝統や品格などを損なう行為として処分がくだされました。

今回の阿炎の行為による問題でも、譴責処分で今後の成長に期待することになるのではないでしょうか。